バックナンバー:Host Defense

Host Defense
20巻

  • 好塩基球と生体防御

    烏山一
    東京医科歯科大学大学院・免疫アレルギー学分野
    Host Defense 20: 19-19, 2009.


    全文ダウンロード(0.68MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • 地球温暖化と感染症

    小林睦生
    国立感染症研究所・昆虫医科学部
    Host Defense 20: 23-23, 2009.


    全文ダウンロード(0.67MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • マラリアと酸化ストレス

    河津信一郎
    帯広畜産大学・原虫病研究センター
    Host Defense 20: 27-27, 2009.


    全文ダウンロード(0.58MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • SY-1 マダニの病原体伝搬ネットワーク バベシア原虫伝搬におけるヘモグロビン分解経路の役割

    辻尚利
    独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構動物衛生研究所
    Host Defense 20: 31-31, 2009.


    全文ダウンロード(0.65MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • SY-2 RNA干渉の日本住血吸虫にとっての意義とは何か?〜環境dsRNAの取込みという視点から〜

    熊谷貴, 下河原理江子, 関丈典, 谷口斎恵, 太田伸生
    東京医科歯科大学・大学院医歯学総合研究科・国際環境寄生虫病学分野
    Host Defense 20: 32-32, 2009.


    全文ダウンロード(0.68MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • SY-3 寄生虫感染防御機構に関与する宿主microRNAシステムの解析

    深尾太郎
    Max-Planck-Institute of Immunobiology
    Host Defense 20: 33-33, 2009.


    全文ダウンロード(0.52MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • SY-4 トリパノソーマ原虫に対する自然免疫応答機構

    竹田潔, 香山尚子, 山本雅裕
    阪大・院医・免疫制御学
    Host Defense 20: 34-34, 2009.


    全文ダウンロード(0.65MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • SY-5 核酸による自然免疫認識機構と感染, ワクチン免疫における役割

    石井健
    大阪大学微生物病研究所
    Host Defense 20: 35-35, 2009.


    全文ダウンロード(0.51MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • 1 IL-15は自己抗原特異的CD8T細胞の維持や機能を制御する

    逸見百江, 吉開泰信, 山田久方
    九州大学・生体防御医学研究所・感染制御学分野
    Host Defense 20: 38-38, 2009.


    全文ダウンロード(0.64MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • 2 Mycobacterium tuberculosis(Mtb)感染肺へのMtb抗原特異的CD8+T細胞誘導に対するBCG接種の効果の検討

    矢作綾野, Dilara Mst.Begum, 梅村正幸, 岡本祐子, 松崎吾朗
    琉球大・熱帯生物圏研究センター・分子感染防御, 琉球大・院医・生体防御
    Host Defense 20: 39-39, 2009.


    全文ダウンロード(0.70MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • 3 BCG誘発性肉芽種形成におけるIFN-γ産生好中球の役割

    川村宏樹1, 内藤眞2, 山本達男3, 安保徹1
    1新潟大・院・免疫学医動物学分野, 2新潟大・院・分子細胞病理学分野, 3新潟大・院・細菌学分野
    Host Defense 20: 40-40, 2009.


    全文ダウンロード(0.66MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • 4 黄色ブドウ球菌の乳槽内接種により誘発した牛乾乳期乳房炎の病態:IL-8およびエラスターゼの関与

    渡部淳1, 秦英司1, 門田耕一1, 高橋雄治1, 近山之雄2, 石川義春2
    1動物衛生研究所環境・常在疾病研究チーム, 2動物衛生研究所動物疾病対策センター
    Host Defense 20: 41-41, 2009.


    全文ダウンロード(0.66MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • 5 実験的自己免疫性脳脊髄炎におけるα9インテグリンの機能解析

    伊藤甲雄1, 黒滝大翼2, 松井裕2, 森本純子1, 上出利光1
    1北海道大学遺伝子病制御研究所・分子免疫分野, 2北海道大学遺伝子病制御研究所・マトリックスメディスン研究部門
    Host Defense 20: 42-42, 2009.


    全文ダウンロード(0.67MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • 6 乳飲み期ハムスター小腸における異常型プリオンタンパク質取り込み動態に関する研究

    高野樹里1, 井関倫子1, 佐藤雪太1, 梅松淳志1, 岡野美鈴1, 佐多徹太郎2, 阿野泰久3, 小野寺節3, 湯川眞嘉1
    1日大・獣医・実験動物, 2感染研・感染病理, 3東大・院・応用免疫
    Host Defense 20: 43-43, 2009.


    全文ダウンロード(0.66MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • 7 川崎病等花粉惹起アレルギー疾患患者, パーキンソン病患者, 難聴者における, 生体防御物質メラニンの合成・代謝系, メラノサイト活動系の活性脆弱性 - メラニンの合成・代謝系を活性化する有用物質の探索 -

    粟屋昭
    皮膚科学疫学研究所, (独)理研横浜研究所, (独)科学技術振興機構
    Host Defense 20: 44-44, 2009.


    全文ダウンロード(0.82MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • 8 TLR2を介した酵素合成グリコーゲンのマクロファージ活性化機構

    角谷亮1, 安達禎之2, 高田洋樹1, 栗木隆1, 大野尚仁2
    1江崎グリコ(株)生物化学研究所, 2東京薬科大学・薬学部・免疫学
    Host Defense 20: 45-45, 2009.


    全文ダウンロード(0.65MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • 9 クリプトコッカス培養上清によるTLR9を介した樹状細胞活性化に対する抑制活性

    山本秀輝, 阿部譲, 田中三鈴, 丹野大樹, 石井恵子, 川上和義
    東北大学大学院医学系研究科基礎検査医科学領域感染分子病態解析学分野
    Host Defense 20: 46-46, 2009.


    全文ダウンロード(0.66MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • 10 ヤツメウナギ類パターン認識レセプター関連遺伝子群の探索

    笠松純, 押海裕之, 松本美佐子, 瀬谷司
    北海道大・医学研究科
    Host Defense 20: 47-47, 2009.


    全文ダウンロード(0.65MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • 11 ショウジョウバエの自然免疫を制御する受容体型グアニル酸シクラーゼの機能解析

    後藤彰1), 岩下真三2), 名部久美子2), 福崎真崇2), 大島吉輝2), 倉田祥一朗2)
    1)東北大院・生命, 2)東北大院・薬
    Host Defense 20: 48-48, 2009.


    全文ダウンロード(0.65MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • 12 マラリア原虫感染におけるアポプトーシス抑制因子の抗炎症サイトカイン制御機能

    李長春1, 稲福征志1, 當眞奈海2, 鈴木幸一2, 稲嶺由羽2, 渡部久実2
    1琉球大学亜熱帯島嶼科学超域研究推進機構, 2琉球大学熱帯生物圏研究センター・分子生命科学研究施設・感染免疫制御分野
    Host Defense 20: 49-49, 2009.


    全文ダウンロード(0.63MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • 13 赤血球ステージマラリアに対するCD8T+細胞の防御的役割

    今井孝, 久枝一
    九州大学医学研究院感染免疫熱帯医学分野
    Host Defense 20: 50-50, 2009.


    全文ダウンロード(0.59MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • 14 熱帯熱マラリア原虫Plasmodium falciparumにおけるオートファジー関連遺伝子の機能解析

    北村圭1, 熊谷貴1, Bethel Bentum K1, 三田村俊秀2, 坪井敬文3, 朝日博子4, 太田伸生1
    1東京医歯大・院・国際環境寄生虫病学, 2国立国際医療センター・研究所, 3愛媛大・無細胞センター, 4国立感染研・寄生動物
    Host Defense 20: 51-51, 2009.


    全文ダウンロード(0.60MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • 15 肥満マウス脂肪組織におけるリステリア感染に対するアディポサイトカイン応答

    差波拓志, 中根明夫
    弘前大・院医・感染生体防御
    Host Defense 20: 52-52, 2009.


    全文ダウンロード(0.65MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • 16 α-galactosylceramide promotes killing of Listeria monocytogenes within the macrophage phagosome through invariant NKT cell activation

    Kazuki Watanabe1, Takamitsu Shimizu1, Yoshiko Emoto1, Ikuo Kawamura2, Masao Mitsuyama2, Masashi Emoto1
    1Laboratory of Immunology, Department of Laboratory Sciences, Gunma University School of Health Sciences, 2Department of Microbiology, Kyoto University Graduate School of Medicine
    Host Defense 20: 53-53, 2009.


    全文ダウンロード(0.57MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • 17 α-galactosylceramide ameliorates murine listeriosis by accelerating infiltration of granulocytes and γ/δ T cells into the liver

    Yuichi Koyama, Takamitsu Shimizu, Yoshiko Emoto, Masashi Emoto
    Laboratory of Immunology, Department of Laboratory Sciences, Gunma University School of Health Sciences
    Host Defense 20: 54-54, 2009.


    全文ダウンロード(0.57MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • 18 LLO-dependent entry of Listeria monocytogenes into cytoplasm is essential for calcium dependent calpain activation and IL-1α secretion in infected macrophages.

    Sita R.Dewamitta, 野村卓正, 原英樹, 土屋晃介, 暮沼武士, 申艶娜, Sylvia Daim, 酒井俊祐, 屈慧新, 山本武司, 河村伊久雄, 光山正雄
    Department of Microbiology, Kyoto University Graduate School of Medicine
    Host Defense 20: 55-55, 2009.


    全文ダウンロード(0.64MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • 19 マクロファージのリステリア貪食能のTLR2シグナルによる増幅

    野村卓正, 申艶娜, 土屋晃介, 原英樹, 酒井俊祐, 屈慧新, 河村伊久雄, 光山正雄
    京大院・医・微生物感染症学
    Host Defense 20: 56-56, 2009.


    全文ダウンロード(0.64MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • 20 インフルエンザウイルスPR-8(H1N1)感染による肺傷害機構の解析

    長尾朋和1, 2, 土橋英紀1, 2, 山本紀一2, 中島典子3, 佐藤由子3, 富澤一夫1, 荒谷康昭4, 鄒軍5, 1, 2, 戸高玲子2, 大島正道2, 佐多徹太郎3, 小林和夫2, 河内正治5, 中山俊憲6, 鈴木和男1, 2
    6千葉大院医免疫発生学, 1千葉大院医炎症制御学, 2国立感染研免疫部, 3国立感染研感染病理部, 4横浜市大・国際総合, 5国立国際医療センター麻酔科
    Host Defense 20: 57-57, 2009.


    全文ダウンロード(0.69MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • 21 インフルエンザウイルス肺炎における8-ニトロ-cGMPの生成を介した酸化ストレス応答の分子メカニズム

    岡本竜哉, 澤智裕, 藤井重元, 赤池孝章
    熊本大学大学院医学薬学研究部微生物学分野
    Host Defense 20: 58-58, 2009.


    全文ダウンロード(0.64MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • 22 消化管寄生虫感染防御におけるMD-1の関与

    渡辺直煕1, 石渡賢治1, 三宅健介2, 古田隆久2
    1慈恵医大・熱帯医学, 2東大医科研・感染遺伝
    Host Defense 20: 59-59, 2009.


    全文ダウンロード(0.64MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • 23 レジオネラ感染が線虫の生存率に及ぼす影響と乳酸菌給餌による感染抵抗性賦活効果

    小村智美, 安井智佳子, 宮本比呂志1, 西川禎一
    大阪市大院・生活科学, 1佐賀大・医
    Host Defense 20: 60-60, 2009.


    全文ダウンロード(0.67MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • 24 ブタ回虫肺移行期幼虫cDNAライブラリーの構築と解析〜新規C-typeレクチン遺伝子の同定〜

    吉田彩子1, 堀井洋一郎2, 丸山治彦1
    1宮崎大・医・感染症学・寄生虫学, 2宮崎大・農・獣医・獣医寄生虫病学
    Host Defense 20: 61-61, 2009.


    全文ダウンロード(0.65MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • 25 Oncomelania属中間宿主貝の示す日本住血吸虫ミラシジウムに対する侵入防御に関する検討

    下河原理江子1, 板橋明子1, 熊谷貴1, 二瓶直子2, 斎藤康秀3, Wang Tianping4, Lu Shaohong5, Wen Liyong5, 太田伸生1
    1東京医科歯科大・院医歯・国際環境寄生虫病学, 2国立感染研・昆虫医科学, 3麻布大・獣医・寄生虫, 4Inst.Anhui Parasitol.Dis.Anquin, 5Inst.Parasitol.Dis., Zhejiang Acad.Med.Sci
    Host Defense 20: 62-62, 2009.


    全文ダウンロード(0.66MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • 26 Mycobacterium tuberculosis感染に対するIL-17産生T細胞の防御機構の解明

    岡本祐子1, 2, 梅村正幸1, 矢作綾野1, 2, 中江進3, 岩倉洋一郎4, 松崎吾朗1, 2
    1琉球大・熱帯生物圏研究センター・分子感染防御学, 2琉球大・院医・生体防御学, 3東京大・医科研・フロンティア研究拠点, 4東京大・医科研・ヒト疾患モデル研究センター
    Host Defense 20: 63-63, 2009.


    全文ダウンロード(0.70MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • 27 IL-17産生γδ T細胞機能分化に関わる転写制御機構の解析

    柴田健輔, 山田久方, 吉開泰信
    九州大学・生医研・感染制御学分野
    Host Defense 20: 64-64, 2009.


    全文ダウンロード(0.68MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • 28 TH17細胞分化におけるCD30リガンドの役割

    孫遜1, 山田久方1, 柴田健輔1, 牟田浩実2, 谷憲三朗2, Eckhard R.Podack3, 岩倉洋一郎4, 吉開泰信1
    1九州大学・生体防御医学研究所・感染制御学, 2九州大学・生体防御医学研究所・ゲノム病態学, 3Department of Microbiology and Immunology, University of Miami, 4東京大学・医科学研究所・ヒト疾患モデル研究センター・細胞機能研究分野
    Host Defense 20: 65-65, 2009.


    全文ダウンロード(0.66MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • 29 エタノールは樹状細胞からのIL-12産生を低下させTh2応答を増強する.

    石川文雄1), 桑原卓1), 田中ゆり子1), 中里純子2), 百瀬弥寿徳3), 垣内史堂1)
    1)東邦大学医学部医学科免疫学教室, 2)東邦大学医学部小児科第2講座, 3)東邦大学薬学部医療薬学教育センター/薬物治療学研究室
    Host Defense 20: 66-66, 2009.


    全文ダウンロード(0.65MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • 30 細胞機能の高倍率・蛍光観察のためのTAXIScan-FLの開発

    山内明, 五十川泰史, 岡本慎一郎, 青木良子, 植田勝, 佐藤強, 山内みか子, ギャリー・クイン, 土屋朋子, 金ヶ嵜史朗
    株式会社ECI・中央ラボ
    Host Defense 20: 67-67, 2009.


    全文ダウンロード(0.67MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • 31 Dissociated expression of natural killer 1.1 and T cell receptor by invariant natural killer T cells after interleukin-12 receptor and T cell receptor signaling

    Takamitsu Shimizu, Yoshiko Emoto, Masashi Emoto
    Laboratory of Immunology, Department of Laboratory Sciences, Gunma University School of Health Sciences
    Host Defense 20: 68-68, 2009.


    全文ダウンロード(0.58MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • 脊椎動物の自然免疫系で働くToll-like receptorファミリーの多様性と共通性

    押海裕之, 松尾綾, 松本美佐子, 瀬谷司
    北海道大学大学院医学研究科
    Host Defense 20: 99-99, 2009.


    全文ダウンロード(0.63MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

book
発行元:
日本生体防御学会
ISSN:
ISSN(オンライン):

書籍情報から探す(巻または号が必須)

巻:
号:
開始頁:
Medical Online English Site
Medical Online SELF-Publish