バックナンバー:保健物理

保健物理
44巻 2号

  • 巻頭言 放射線安全の新しいパラダイム

    金子正人*1
    *1日本保健物理学会会長
    保健物理 44(2): 161-162, 2009.


    アブストラクト】 従量制は110円(税込)、基本料金制は基本料金に含まれます
    全文ダウンロード(0.72MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • 平成20年度「原子力と地域の関わりに関する調査研究活動」の紹介とこの活動に参画した大学院生の感想

    嶋田和真*1, 小川達彦*1, 鈴木ちひろ*1, 嶋田智昌*1, (財)日本原子力文化振興財団
    *1東京大学大学院工学系研究科原子力国際専攻
    保健物理 44(2): 163-164, 2009.


    アブストラクト】 従量制は110円(税込)、基本料金制は基本料金に含まれます
    全文ダウンロード(0.86MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • 保物セミナー2008印象記

    藤川陽子*1
    *1京都大学原子炉実験所
    保健物理 44(2): 165-167, 2009.


    アブストラクト】 従量制は110円(税込)、基本料金制は基本料金に含まれます
    全文ダウンロード(0.86MB)】 従量制、基本料金制の方共に660円(税込) です。

  • 「保健物理分野の2008年度博士論文・修士論文・卒業論文一覧」

    大学等教員協議会・編集委員会, 安岡由美*
    *大学等教員協議会・編集委員会担当理事
    保健物理 44(2): 168-171, 2009.


    アブストラクト】 従量制は110円(税込)、基本料金制は基本料金に含まれます
    全文ダウンロード(0.78MB)】 従量制、基本料金制の方共に660円(税込) です。

  • 六ヶ所再処理施設周辺の環境放射線モニタリングにおける線量評価について

    佐々木耕一*1, 外川洋一*1, 住谷秀一*1, 瀧田昭久*1
    *1日本原燃(株)安全技術室環境管理センター
    保健物理 44(2): 184-190, 2009.


    アブストラクト】 従量制は110円(税込)、基本料金制は基本料金に含まれます
    全文ダウンロード(0.93MB)】 従量制、基本料金制の方共に660円(税込) です。

  • ハンガリーの修復作業中のウラン鉱山における環境放射能・線の調査

    細田正洋*1, 反町篤行*1, 石川徹夫*1, Sarata Kumar SAHOO*1, Norbert KAVASI*2, Tibor KOVACS*2, 床次眞司*1
    *1(独)放射線医学総合研究所放射線防護研究センター, *2Institute of Radiochemistry and Radioecology, University of Pannonia
    保健物理 44(2): 191-197, 2009.


    アブストラクト】 従量制は110円(税込)、基本料金制は基本料金に含まれます
    全文ダウンロード(0.96MB)】 従量制、基本料金制の方共に660円(税込) です。

  • 海産生物筋肉中137Cs放射能分析結果に対する試料前処理技術の影響および近年のバックグラウンド濃度

    及川真司*1, 磯山直彦*1, 御園生淳*1, 稲富直彦*2, 鈴木千吉*1, 鈴木奈緒子*1, 中原元和*1, 中村良一*1, 渡部輝久*1, 森薗繁光*1, 藤井誠二*1, 原猛也*1,*2
    *1(財)海洋生物環境研究所事務局研究調査グループ, *2(財)海洋生物環境研究所中央研究所
    保健物理 44(2): 198-208, 2009.


    アブストラクト】 従量制は110円(税込)、基本料金制は基本料金に含まれます
    全文ダウンロード(1.57MB)】 従量制、基本料金制の方共に660円(税込) です。

  • 東海再処理施設における排水中の超ウラン核種等に関する調査

    河野恭彦*1, 檜山佳典*1, 中野政尚*1, 武石稔*1
    *1(独)日本原子力研究開発機構核燃料サイクル工学研究所
    保健物理 44(2): 209-217, 2009.


    アブストラクト】 従量制は110円(税込)、基本料金制は基本料金に含まれます
    全文ダウンロード(1.08MB)】 従量制、基本料金制の方共に660円(税込) です。

  • Radon Migration Process and Its Influence Factors ; Review

    Nabil M. HASSAN*1,*2,*3, Masahiro HOSODA*2, Tetsuo ISHIKAWA*2, Atsuyuki SORIMACHI*2, Sarata K. SAHOO*2, Shinji TOKONAMI*2, Masahiro FUKUSHI*1
    *1School of Radiological Sciences, Tokyo Metropolitan University, *2Research Centre for Radiation Protection, National Institute of Radiological Sciences, *3Department of Physics, Faculty of Science, University of Zagazig
    Japanese Journal of Health Physics 44(2): 218-231, 2009.


    アブストラクト】 従量制は110円(税込)、基本料金制は基本料金に含まれます
    全文ダウンロード(0.77MB)】 従量制、基本料金制の方共に660円(税込) です。

  • Evaluating the Radioactivity Concentration of Radioactive Wastes below which They can be Disposed - Dose Calculation to Derive the Upper Bound of Radioactivity Concentration in Disposal of Transuranium Wastes -

    Japan Atomic Energy Agency

    Japanese Journal of Health Physics 44(2): 232-232, 2009.


    アブストラクト】 従量制は110円(税込)、基本料金制は基本料金に含まれます
    全文ダウンロード(0.59MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

book
発行元:
日本保健物理学会
ISSN:
0367-6110
ISSN(オンライン):
1884-7560

書籍情報から探す(巻または号が必須)

巻:
号:
開始頁:
Medical Online English Site
Medical Online SELF-Publish