アブストラクト

 
Title :
免疫チェックポイント阻害薬による自己免疫性腸炎
Subtitle :
特集 IBDの類縁疾患を知り, 鑑別する!
Authors :
浜本康夫*
Authors (kana) :
はまもとやすお
Organization :
*慶應義塾大学医学部腫瘍センター
Journal :
IBD Research
Volume :
12
Number :
2
Page :
112 - 114
Year/Month :
2018 / 6
Article :
報告
Publisher :
先端医学社
Abstract :
近年のがん化学療法にて多く使用されるようになった免疫チェックポイント阻害薬による免疫関連有害事象としての大腸炎は炎症性腸疾患(IBD)に類似した病態を呈し重篤化し消化管穿孔をきたすことがある. 薬剤の炎症性腸炎を念頭に入れつつ, すみやかに診断しステロイド投与を躊躇しないことが重要である.
Practice :
臨床医学:内科系
Keywords :
免疫チェックポイント阻害薬, 大腸炎, 下痢
  

この文献のダウンロード料金は、従量制、基本料金制の方共に821円(税込)です。
ダウンロードする方は、以下の文献ダウンロードをクリックしてください。
文献ダウンロード(3.31MB)

Medical Online English Site
Medical Online SELF-Publish