アブストラクト

 
Title :
第11回 IL-6と貧血 (鉄代謝) 反応編 (5)
Subtitle :
連載 IL-6から見える景色
Authors :
大島洋一, 乳原善文
Authors (kana) :
Organization :
虎の門病院腎センター内科
Journal :
Keynote R・A
Volume :
4
Number :
2
Page :
80 - 81
Year/Month :
2016 / 4
Article :
報告
Publisher :
先端医学社
Abstract :
「はじめに」体内には4〜5グラムの鉄が存在し, その約7割はヘモグロビンの形で赤血球内に分布する事からも示唆されるように, 鉄代謝と貧血には密接な関係がある. とくに, 膠原病, 慢性腎臓病, 悪性疾患, 感染症では, 慢性炎症による貧血(anemia of chronic disease: ACD)が起こる事が知られているが, 昨今の研究によってインターロイキン6 (IL-6)がヘプシジンを介して鉄代謝を損ない, ACDの原因となっている事が明らかとなってきた. 本稿では, 当院での実例を紹介しながら, IL-6と貧血, 鉄代謝について簡単に解説する. 「IL-6の鉄代謝, 貧血への関与」図(1)に示すように, 経口摂取された鉄は腸上皮細胞によって取り込まれ, トランスフェリン(Tf)に結合して運搬され肝臓へ到達する.
Practice :
臨床医学:内科系
Keywords :
  

この文献のダウンロード料金は、従量制、基本料金制の方共に821円(税込)です。
ダウンロードする方は、以下の文献ダウンロードをクリックしてください。
文献ダウンロード(2.15MB)

E-Books
Medical Online English Site