アブストラクト

 
Title :
[第3部] COPDの病態と治療の展望
Subtitle :
特集2 / 各種難病の最新治療情報
Authors :
市川朋宏, 杉浦久敏
Authors (kana) :
いちかわともひろ, すぎうらひさとし
Organization :
東北大学大学院医学研究科 先進呼吸管理学寄付講座, 東北大学大学院医学研究科 呼吸器内科分野
Journal :
難病と在宅ケア
Volume :
23
Number :
12
Page :
37 - 41
Year/Month :
2018 / 3
Article :
報告
Publisher :
日本プランニングセンター
Abstract :
「1. はじめに」 COPDとは慢性閉塞性肺疾患(Chronic obstructive pulmonary disease)と呼ばれる呼吸器疾患のことで, これまでは慢性気管支炎や肺気腫と呼ばれており, こちらの方が一般の方にはなじみがあるかもしれません. しかしCOPDはこれらの疾患群がさまざまな割合で複合的に作用することで起こります. たばこの煙をはじめとした有毒物質を長期間吸入することで肺に炎症を起こし, 痰が増えたり息切れを起こしたり, 疾患が進行すると酸素吸入が常時必要となります. 本稿ではCOPDの原因やメカニズム, 治療に関して基本的な内容を解説します. 「2. COPDとは」 「(1)定義」 COPDは肺の慢性炎症により様々な呼吸器症状を来す疾患ですが, その主要なメカニズムとして, 「閉塞性肺疾患」という言葉の通り, 肺の中の空気の通り道(気道)が狭くなることが挙げられます.
Practice :
医学総合
Keywords :
  

この文献のダウンロード料金は、従量制、基本料金制の方共に746円(税込)です。
ダウンロードする方は、以下の文献ダウンロードをクリックしてください。
文献ダウンロード(5.10MB)

Medical Online English Site
Medical Online SELF-Publish