アブストラクト

 
Title :
メトホルミンに関する最近の知見
Subtitle :
特集 2型糖尿病の最新治療のために必要な知識
Authors :
松岡敦子, 廣田勇士, 小川渉
Authors (kana) :
Organization :
神戸大学大学院医学研究科 糖尿病・内分泌内科
Journal :
Pharma Medica
Volume :
35
Number :
4
Page :
37 - 41
Year/Month :
2017 / 4
Article :
報告
Publisher :
メディカルレビュー社
Abstract :
「はじめに」メトホルミンに代表されるビグアナイド薬はスルホニル尿素薬と並び, 最も古くから使用されている糖尿病治療薬である. ビグアナイド薬はフレンチライラック(ガレガソウ)に多く含有するとされるグアニジンの誘導体であるが, すでに17世紀の薬草療法ガイドブックに「フレンチライラックは糖尿病によると考えられる口渇・多尿などの症状に効果がある」との記載があり, グアニジンに血糖降下作用があることが1918年に報告されている. ビグアナイド薬は1950年代より販売され, 1970年代にフェンホルミン服用者に乳酸アシドーシスの発症が報告されて以来, 一時, 使用頻度が減少したが, 1990年代に行われた大規模臨床研究によりメトホルミンの有効性と安全性が確認され, 再評価の機運が高まった. 2008年には米国糖尿病協会と欧州糖尿病学会の共同ステートメントにおいてメトホルミンは第1選択薬に位置づけられた.
Practice :
薬学
Keywords :
メトホルミン, 作用機序, 悪性腫瘍, 心不全
  

この文献のダウンロード料金は、従量制、基本料金制の方共に800円(税込)です。
ダウンロードする方は、以下の文献ダウンロードをクリックしてください。
文献ダウンロード(4.62MB)

E-Books
Medical Online English Site
Medical Online SELF-Publish