アブストラクト

 
Title :
SGLT2阻害薬の腎保護作用
Subtitle :
特集 CKD診療のトピックス
Authors :
森克仁
Authors (kana) :
Organization :
大阪市立大学大学院医学研究科腎臓病態内科学
Journal :
Pharma Medica
Volume :
36
Number :
1
Page :
17 - 22
Year/Month :
2018 / 1
Article :
報告
Publisher :
メディカルレビュー社
Abstract :
「はじめに」昨今の糖尿病治療, 特に経口血糖降下薬の進歩は目覚ましく, DPP-4阻害薬の登場により, 低血糖を生じにくい「質のよい」血糖コントロールも可能な時代に入ってきた. そのようななか, 新規の薬剤として, sodium-glucose cotransporter(SGLT)2阻害薬が上市された. 当初は, 尿糖排泄を促進することにより高血糖を是正するため, 肥満の2型糖尿病症例に適していると考えられていた. 実際, 食事・運動療法が厳守されている症例では, 血糖改善とともに体重減少作用が認められ, 糖毒性解除によると考えられるインスリン分泌能・インスリン抵抗性改善作用も示されている. その反面, その作用機序より, ケトアシドーシス, 脱水, 尿路・性器感染症などの危惧もあり, わが国では慎重な使用が推奨されたこともあり, 総じて重大な問題がなく経過してきたと考えられる.
Practice :
薬学
Keywords :
SGLT2阻害薬, 尿細管糸球体フィードバック, 糸球体過剰濾過, eGFR
  

この文献のダウンロード料金は、従量制、基本料金制の方共に800円(税込)です。
ダウンロードする方は、以下の文献ダウンロードをクリックしてください。
文献ダウンロード(5.30MB)

E-Books
Medical Online English Site
Medical Online SELF-Publish