アブストラクト

 
Title :
川崎病, IgA血管炎, 結節性多発動脈炎
Subtitle :
特集 小児リウマチ性疾患の診療 〜これまでのエビデンスに基づく最近の知見〜
Authors :
伊藤秀一
Authors (kana) :
Organization :
横浜市立大学大学院医学研究科発生成育小児医療学
Journal :
Pharma Medica
Volume :
37
Number :
7
Page :
45-50
Year/Month :
2019 / 7
Article :
報告
Publisher :
メディカルレビュー社
Abstract :
「はじめに」小児の血管炎の患者数は, 成人と比較すると遥かに多い. 頻度の高い急性疾患である川崎病やIgA血管炎の患者のほとんどが小児であるからである. 一方, 成人に多くみられる, 抗好中球細胞質抗体(antineutrophil cytoplasmic antibody: ANCA)関連血管炎, 高安動脈炎, 結節性多発性動脈炎などの慢性の血管炎は, 小児ではきわめて稀であり, 巨細胞性動脈炎は成人にのみに経験される疾患である. 本稿では小児の血管炎, 川崎病, IgA血管炎, 結節性多発性動脈炎の最近のトピックスについて解説する. 「I. 川崎病」川崎病は乳幼児に好発する急性の中小動脈性血管炎である. 1967年の川崎富作博士による報告以来, 50年以上が経過したが, その病因はいまだに不明である. さらに, 急激な少子化の進行にもかかわらず, 患者数は年々増加し, 年16,000人以上の新規患者が発生している.
Practice :
薬学
Keywords :
川崎病, IgA血管炎, 結節性多発動脈炎, ADA2欠損症, シクロスポリン, インフリキシマブ
  

この文献のダウンロード料金は、従量制、基本料金制の方共に814円(税込)です。
ダウンロードする方は、以下の文献ダウンロードをクリックしてください。
文献ダウンロード(8.35MB)

Medical Online English Site