アブストラクト

 
Title :
アルツハイマー病の発症にかかわる因子とその治療の可能性
Subtitle :
特集 認知症の発症, 病状進行, 治療反応性に関与するさまざまな因子
Authors :
齊藤聡, 猪原匡史
Authors (kana) :
Organization :
国立循環器病研究センター脳神経内科
Journal :
老年精神医学雑誌
Volume :
28
Number :
7
Page :
703 - 707
Year/Month :
2017 / 7
Article :
報告
Publisher :
ワールドプランニング
Abstract :
「抄録」高齢者のアルツハイマー病は加齢や環境因子などの影響が大きい. 近年, 血圧コントロールや食事指導, 認知機能訓練を併用する多因子介入が認知症予防に有用であることが示された. 神経変性のみを標的とした治療には限界があり, 血管病変へのアプローチも必要である. 患者をライフスタイルや環境要因に基づいてサブグループ化し, 最適な医療を提供するPrecision Medicineが有用であると考えられる. 「1 アルツハイマー病の病態」アルツハイマー病は, βアミロイド(βamyloid)が脳実質に蓄積する老人斑と, タウが蓄積する神経原線維変化の存在で病理診断される. 近年の分子イメージング技術の進歩により, βアミロイドやタウの存在をPETなどで診断できるようになった. しかし, 生前の認知機能が正常であったにもかかわらず, 死後の病理診断においてアルツハイマー病と診断されるケースが存在することが, Nun研究等で示されているように, 認知機能障害と脳病理との関連については, いまだ不明な点が多い.
Practice :
臨床医学:内科系
Keywords :
アルツハイマー病, 脳血管障害, 精密医療, 危険因子, シロスタゾール
  

この文献のダウンロード料金は、従量制、基本料金制の方共に854円(税込)です。
ダウンロードする方は、以下の文献ダウンロードをクリックしてください。
文献ダウンロード(4.04MB)

E-Books
Medical Online English Site
Medical Online SELF-Publish