アブストラクト

 
Title :
第2回 浮腫 全身性疾患を疑いつつ, 薬の可能性を考える
Subtitle :
連載 総合診療医のアプローチに迫る! よくある & 見逃したくない 薬の副作用ケースファイル
Authors :
原田拓
Authors (kana) :
Organization :
獨協医科大学病院 総合診療教育センター・総合診療科
Journal :
月刊薬事
Volume :
59
Number :
3
Page :
604 - 612
Year/Month :
2017 / 2
Article :
報告
Publisher :
じほう
Abstract :
「患者」60歳男性 「主訴」両下腿浮腫 「現病歴」高血圧の既往があり通院中の60歳男性. 2カ月くらい前に両側下腿浮腫が出現してきた. 運動したり, ストッキングを履いてみたり, 寝るときに下肢を挙上するように指導を受けたがあまり改善がないため再度外来を受診した. 「既往歴」55歳より高血圧 「アレルギー」食べ物なし, 薬なし 「内服歴」アムロジピン5mg 1回1錠 1日1回 「社会歴」喫煙なし, アルコールは機会飲酒 「家族歴」特記事項なし 「身体所見」「印象」見た目は全身状態良好 「バイタル」血圧126/72mmHg, 心拍数62回/分, 呼吸数20回/分, SpO2 99%, 体温36.2℃. 身体診察上は下腿浮腫以外に特記すべき異常所見はない. 「浮腫はどういう病態によって起こるか?」人間の体重の約60%は水分が占めており, そのうち40%が細胞内液, 20%が細胞外液に分かれています.
Practice :
薬学
Keywords :
  

この文献のダウンロード料金は、従量制、基本料金制の方共に692円(税込)です。
ダウンロードする方は、以下の文献ダウンロードをクリックしてください。
文献ダウンロード(1.60MB)

E-Books
Medical Online English Site