アブストラクト

 
Title :
252席 病棟看護師が退院前・退院後訪問を継続して行うことによる患者の思い
Subtitle :
第43回日本精神科看護学術集会 第51群
Authors :
望月輝, 後藤優子
Authors (kana) :
Organization :
医療法人社団碧水会長谷川病院
Journal :
日本精神科看護学術集会誌
Volume :
61
Number :
1
Page :
524-525
Year/Month :
2018 /
Article :
報告
Publisher :
日本精神科看護協会
Abstract :
「はじめに」現在, 精神科のみならず全ての医療において地域移行, 病床数の削減などが積極的に行われている. そのような中で当院では, 病棟看護師による患者の退院前訪問, 退院後訪問を導入している. これらにおける先行研究はいくつかあるが, それらは看護師の視点が主となる研究が多く, 患者の視点や思いに焦点をあてた研究は見あたらなかった. 退院前訪問と, 退院後訪問を継続して行うことを患者はどう受け止めているのか, また地域定着へつながるきっかけとなり得るのかを知ることでより充実した退院前訪問, 退院後訪問の実施につながればと考えた. 「I. 研究目的」病棟看護師が行う退院前, 退院後訪問を患者がどのような思いをもちながら受けているのかを明らかにすることを目的とした. なお, 本論文について発表者らに開示すべき利益相反関係にある企業などはない. 「II. 研究方法」1. 研究デザイン:質的記述的研究 2. 研究期間:2016年11月から2017年3月 3. 研究対象者 A病院で入院をした後, 退院前訪問指導を行い退院し, A病院外来へ通院を行い, 退院後訪問を受けている患者.
Practice :
看護学
Keywords :
退院前訪問, 退院後訪問, 地域移行支援
  

この文献のダウンロード料金は、従量制、基本料金制の方共に704円(税込)です。
ダウンロードする方は、以下の文献ダウンロードをクリックしてください。
文献ダウンロード(1.48MB)

Medical Online English Site
Medical Online SELF-Publish