アブストラクト

 
Title :
脳血管障害 - 無視症候群
Subtitle :
特集 : 次のリハビリテーションに活きる! 私の脳疾患評価 III. 疾患別 : 評価と画像診断
Authors :
前島伸一郎*1, 岡本さやか*2, 園田茂*3, 大沢愛子*4
Authors (kana) :
Organization :
*1金城大学, 学長, *2藤田保健衛生大学医学部リハビリテーション医学II講座, 講師, *3教授, *4国立長寿医療研究センターリハビリテーション科部リハビリテーション科, 医長
Journal :
MB Medical Rehabilitation
Volume :
Number :
223
Page :
96-103
Year/Month :
2018 / 6
Article :
報告
Publisher :
全日本病院出版会
Abstract :
「Abstract」無視症候群は, 病巣と反対側の空間あるいは身体における刺激を認識することができない症候である. 主な構成要素として, (1)inattention(不注意), (2)hemispatial neglect(半側空間無視), (3)hemiakinesia(半側無動症), (4)allesthesia(知覚転位症), (5)extinction(消去現象)の5つが挙げられる. また, 関連徴候として, 病態失認や疾病無関心, 感情の平板化などを伴うことがある. 多くは右半球損傷で, 左側への無視や不注意のため, 食事や整容, 更衣, 歩行などの日常生活活動に問題が生じる. 経過中に改善あるいは消失することもあるが, 残存する場合も少なからずあり, 家庭や職場においてしばしば監視を必要とする. これらの患者のリハビリテーションを実施するにあたり, 無視症候群に関連する症候を詳細に評価する必要がある.
Practice :
医療技術
Keywords :
無視症候群(neglect syndrome), 半側空間無視(hemispatial neglect), 消去現象(extinction), 病態失認(anosognosia)
  

この文献のダウンロード料金は、従量制、基本料金制の方共に854円(税込)です。
ダウンロードする方は、以下の文献ダウンロードをクリックしてください。
文献ダウンロード(8.35MB)

Medical Online English Site
Medical Online SELF-Publish