アブストラクト

 
Title :
生物学的製剤を主軸においた炎症性腸疾患の治療戦略
Subtitle :
総説
Authors :
福田知広, 長沼誠, 金井隆典1)
Authors (kana) :
Organization :
1)慶應義塾大学医学部内科学 (消化器)
Journal :
日本消化器病学会雑誌
Volume :
115
Number :
3
Page :
272 - 282
Year/Month :
2018 / 3
Article :
報告
Publisher :
日本消化器病学会
Abstract :
「要旨」:炎症性腸疾患において生物学的製剤は寛解導入, 維持いずれにおいても重要な位置を占めている. 2017年に潰瘍性大腸炎でGolimumab, クローン病ではUstekinumabといった生物学的製剤が新たに承認された. また, クローン病においては, 従来使用されてきたInfliximab投与期間の短縮, Adalimumabの倍量投与が認可され, 炎症性腸疾患の治療戦略は複雑化している. 炎症性腸疾患は依然として難治であり, 限られた治療法の中から適切に治療選択を行うことが重要である. 本稿では, 炎症性腸疾患に対する生物学的製剤を中心とした, 本邦における最新の治療法に関して解説する. 「はじめに」潰瘍性大腸炎(UC), クローン病(CD)はいずれも免疫学的機序, 腸内細菌, 遺伝要因, 環境因子などが関与するとされているが, 原因はいまだ不明である. これまで炎症性腸疾患(IBD)に用いられてきたステロイド, 抗TNF-α抗体製剤, カルシニューリン(CN)阻害剤, チオプリン製剤(IM)などは, 作用機序は異なるがいずれも免疫抑制により病勢をコントロールする薬剤である.
Practice :
臨床医学:内科系
Keywords :
潰瘍性大腸炎, クローン病, 生物学的製剤, 抗TNF-α抗体, 抗IL-12/23p40抗体
  

この文献のダウンロード料金は、従量制、基本料金制の方共に648円(税込)です。
ダウンロードする方は、以下の文献ダウンロードをクリックしてください。
文献ダウンロード(7.94MB)

E-Books
Medical Online English Site
Medical Online SELF-Publish