アブストラクト

 
Japanese
Title :
大学生の喫煙状況および喫煙関連因子の検討
Subtitle :
原著
Authors :
柴田和彦1), 石崎唯太1), 日山豪也1), 渡部翔太1), 吉村文香1), 竹田将人1), 難波弘行1)
Authors (kana) :
Organization :
1)松山大学薬学部臨床薬学教育研究センター
Journal :
禁煙科学
Volume :
12
Number :
2
Page :
1-8
Year/Month :
2018 / 2
Article :
原著
Publisher :
日本禁煙科学会
Abstract :
「要旨」背景と目的: 大学生の喫煙率は, 入学後, 学年が上がる毎に上昇することが知られている. そのため大学は, 入学後に喫煙を開始させないための対策をとる必要がある. それにより将来の生活習慣病のリスクも低減することができる. 本研究では喫煙防止教育及び禁煙支援対策に必要な情報を得るため, 松山大学で実施した「学生生活実態調査」のデータを用い, 喫煙状況, 喫煙に関連する要因そして喫煙に対する意識について解析を行った. 対象と方法: 調査対象は, 松山大学学部生5713名である. 得られたデータの中から喫煙状況, 大学生活, アルバイト, そして課外活動に関する設問項目等を解析対象とした. 結果: 本学学生の全体の喫煙率は, 9.8%であり, 男性は14.9%, 女性は3.4%であった. 学生の健康白書2010では, 4年制の学生の喫煙率は男子9.10%, 女子2.06%と報告されており, 本学における喫煙者は全体より高い値となった. 生活属性に関する項目で, アルバイトを常時行っている学生や課外活動(クラブ活動, サークル活動, ボランティア)に積極的に参加している学生は, 喫煙率が有意に高かった. 生活習慣の面では, 朝食を食べない, 就寝時間が遅いなど規則正しい生活ができていない学生では喫煙率が有意に高かった. また, 学生生活での悩みや不安を誰に相談するかとの設問では, 先輩や友人が最も多かった. 更に, 薬物に対して寛容な学生ほど喫煙率が高かった. 結論: 学生が入学後に喫煙を開始しないようにするためにはタバコを含めた依存性薬物についての正しい知識を提供する必要がある. 併せて, 課外活動での禁煙化を進める必要がある. さらに学内禁煙化も今後の検討課題である. 今後は, 入学時での防煙教育のみならず, 継続的な教育指導が必要と思われた. それにより学生の意識も変えていくことが極めて重要である.
Practice :
医学一般
Keywords :
大学生, 喫煙率, 生活習慣, 薬物依存
  
English
Title :
A study on status and related factors of smoking among university students
Subtitle :
Authors :
柴田和彦1), 石崎唯太1), 日山豪也1), 渡部翔太1), 吉村文香1), 竹田将人1), 難波弘行1)
Authors (kana) :
Organization :
1)松山大学薬学部臨床薬学教育研究センター
Journal :
Smoking Control Science
Volume :
12
Number :
2
Page :
1-8
Year/Month :
2018 / 2
Article :
Original article
Publisher :
The Japanese Association of Smoking Control Science
Abstract :
[Abstract] Objectives: This study aimed to clarify the smoking status and attitudes towards smoking in undergraduate students of Matsuyama University and provide suggestions for education on smoking prevention education and no-smoking advocacy. Methods: "Survey on Student life" was performed to 5,713 undergraduate students. The survey included questions on personal attributes, smoking status, college life, part-time jobs, extracurricular activity and attitudes towards smoking. Results: In all, 9.8% of all respondents smoked, and the percentage of smokers among men and women was 14.9% and 3.4%, respectively. Students who constantly engage in part-time jobs and those who actively participate in extracurricular activities (club activities, circle activity and volunteering) had significantly high smoking rate. Regarding lifestyle, students who went to bed late and those who skipped breakfast had high smoking rates. Moreover, students who spoke about anxiety and troubles of student life with a senior had significantly higher smoking rates. Students who tends to accept drugs had significantly high smoking rate. Conclusion: In order to prevent student to begin smoking after entering university, the study results revealed that we should education on anaclitic drug including cigarettes. Moreover, smoking cessation should be promoted during extracurricular activities. Not only to freshmen but also repeated education to all students is considered important to change and maintain attitude of students toward to smoking.
Practice :
General medicine
Keywords :
  

この文献のダウンロード料金は、従量制、基本料金制の方共に648円(税込)です。
ダウンロードする方は、以下の文献ダウンロードをクリックしてください。
文献ダウンロード(1.04MB)

Medical Online English Site
Medical Online SELF-Publish