アブストラクト

 
Title :
多発性硬化症と類縁疾患
Subtitle :
特集1 さまざまな神経筋疾患を理解する 総説
Authors :
渡邉充
Authors (kana) :
Organization :
九州大学病院脳神経内科
Journal :
ディサースリア臨床研究
Volume :
9
Number :
1
Page :
46-52
Year/Month :
2019 / 12
Article :
報告
Publisher :
日本ディサースリア臨床研究会
Abstract :
「要旨」多発性硬化症は, 脱髄病巣の時間的・空間的多発を特徴とする原因不明の中枢神経系の自己免疫性炎症性脱髄性疾患である. 病変のできる部位により, 運動機能障害や感覚障害, 構音・嚥下障害, 膀胱直腸障害などさまざまな症状を呈する. 若年成人に発症し, 再発を繰り返し, ADL低下や認知症機能の低下を招くことがあるため, 早期に診断し, 適切に治療・リハビリテーションを行うことが重要である. 一方, 視神経脊髄炎関連疾患は多発性硬化症の類縁疾患の1つであるが, 治療法が異なることから鑑別を要する. 本稿では多発性硬化症とその類縁疾患の特徴と病態, 診断, 治療について概説する.
Practice :
臨床医学:一般
Keywords :
多発性硬化症, 視神経脊髄炎関連疾患, 診断, 治療
  

この文献のダウンロード料金は、従量制、基本料金制の方共に660円(税込)です。
ダウンロードする方は、以下の文献ダウンロードをクリックしてください。
文献ダウンロード(2.92MB)

Medical Online English Site