アブストラクト

 
Title :
急性疾患で入院中の患児ときょうだいとの面会が母親にもたらす効果
Subtitle :
研究報告
Authors :
平田研人*1, 前田貴彦*2
Authors (kana) :
Organization :
*1天理よろづ相談所病院, *2三重県立看護大学
Journal :
日本小児看護学会誌
Volume :
26
Number :
Page :
59 - 64
Year/Month :
2017 /
Article :
報告
Publisher :
日本小児看護学会
Abstract :
「抄録」本研究は, 入院中の患児ときょうだいとの面会が母親にもたらす効果はどのようなものであると付添い中の母親自身が認識しているのかを明らかにすることを目的とした. A県内の小児病棟を有する1施設に, 急性疾患で入院中の1歳以上の患児に付き添い, 患児に2〜5歳のきょうだいをもつ母親で, 入院から1週間以内にきょうだいの面会があった者7名に対し, 半構成的面接を実施した. 入院中の患児ときょうだいとの面会が母親にもたらす効果として, 2のカテゴリーが見出された. 【きょうだいを残して付添いを継続しても大丈夫との実感】は5のサブカテゴリーで構成され, [きょうだいと会えなかった寂しさの緩和]や[きょうだいの様子を自分で確認できることでの安心感の獲得]をもたらすと認識していた. また, 【きょうだいに現状を理解してもらう際の関わりやすさ】は, 2のサブカテゴリーで構成され, 患児ときょうだいの面会は, 付添い中の母親にとって有益である可能性が示唆された.
Practice :
看護学
Keywords :
きょうだい, 面会, 急性疾患, 効果, 母親の認識, sibling, visit, acute disease, effect, mothers' perceptions
  

この文献のダウンロード料金は、従量制、基本料金制の方共に648円(税込)です。
ダウンロードする方は、以下の文献ダウンロードをクリックしてください。
文献ダウンロード(1.20MB)

Medical Online English Site
Medical Online SELF-Publish