バックナンバー:国際保健医療

国際保健医療
32巻 1号

  • Strengthening the communicable disease surveillance and response system, Amhara Region, Ethiopia, 2012-2014 : Review of a technical cooperation project

    Masaki Ota1), Yumi Toyama1), Mami Kon1), Takashi Yoza2), Belay Bezabih Beyene3)
    1)Research Institute of Tuberculosis, Japan Anti-Tuberculosis Association, 2)Toryu Development Inc., 3)Amhara National Regional State Health Bureau
    Journal of International Health 32(1): 1-8, 2017.


    アブストラクト】 従量制は110円(税込)、基本料金制は基本料金に含まれます
    全文ダウンロード(0.99MB)】 従量制、基本料金制の方共に660円(税込) です。

  • Lifestyle-Related Factors for Obesity among Community-Dwelling Adults in Bangkok, Thailand

    Chihiro Tsuchiya1), Kwanjai Amnatsatsue2), Chutima Sirikulchayanonta3), Patcharaporn Kerdmongkol2), Minato Nakazawa1)
    1)Department of International Health, Kobe University Graduate School of Health Sciences, 2)Department of Public Health Nursing, Mahidol University, 3)Department of Preventive and Social Medicine, College of Medicine, Rangsit University
    Journal of International Health 32(1): 9-16, 2017.


    アブストラクト】 従量制は110円(税込)、基本料金制は基本料金に含まれます
    全文ダウンロード(0.82MB)】 従量制、基本料金制の方共に660円(税込) です。

  • 持続可能な開発のための2030 アジェンダ (SDGs) : ユニバーサリティとコンバージェンスの視点による考察

    湯浅資之1), 金子恵2), 安齋寿美玲3)
    1)順天堂大学国際教養学部グローバル社会領域, 2)順天堂大学医学部5年生, 3)順天堂大学医療看護学部4年生
    国際保健医療 32(1): 17-26, 2017.


    アブストラクト】 従量制は110円(税込)、基本料金制は基本料金に含まれます
    全文ダウンロード(1.66MB)】 従量制、基本料金制の方共に660円(税込) です。

  • 第30回日本国際保健医療学会学術大会ミニ・シンポジウム「タテからヨコへ〜リソースをどう使うか〜UHCの経験と応用」報告

    林玲子1), 島尾忠男2), 島崎謙治3), 石川信克2), 杉下智彦4)
    1)国立社会保障・人口問題研究所, 2)結核予防会, 3)政策研究大学院大学, 4)東京女子医科大学
    国際保健医療 32(1): 27-36, 2017.


    アブストラクト】 従量制は110円(税込)、基本料金制は基本料金に含まれます
    全文ダウンロード(0.99MB)】 従量制、基本料金制の方共に660円(税込) です。

book
発行元:
日本国際保健医療学会
ISSN:
0917-6543
ISSN(オンライン):
旧名・別名:
日本国際保健医療学会雑誌 The Journal of Japan Association for International Health

書籍情報から探す(巻または号が必須)

巻:
号:
開始頁:
Medical Online English Site