バックナンバー:日本整形外科学会雑誌

日本整形外科学会雑誌
55巻 4号

  • 脱神経筋の機能回復に関する実験的研究 - 神経縫合時におけるねじれの影響 -

    長野昭, 津山直一1)
    東京大学医学部整形外科学教室, 1)指導 : 教授
    日本整形外科学会雑誌 55(4): 345-355, 1981.


    アブストラクト】 従量制は110円(税込)、基本料金制は 基本料金に含まれます
    全文ダウンロード(4.02MB)】 従量制、基本料金制の方共に660円(税込) です。

  • 足部過剰骨のX線学的研究

    鶴田登代志, 塩川靖夫, 加藤明, 松本寿夫, 山添好宏, 尾池徹也, 杉山勉, 西塔誠
    三重大学医学部整形外科学教室
    日本整形外科学会雑誌 55(4): 357-370, 1981.


    アブストラクト】 従量制は110円(税込)、基本料金制は 基本料金に含まれます
    全文ダウンロード(7.58MB)】 従量制、基本料金制の方共に660円(税込) です。

  • 頚椎症における交感神経系の作用機序について

    綿貫昭則, 嶋良宗1)
    和歌山県立医科大学整形外科学教室, 1)指導 : 教授
    日本整形外科学会雑誌 55(4): 371-385, 1981.


    アブストラクト】 従量制は110円(税込)、基本料金制は 基本料金に含まれます
    全文ダウンロード(2.00MB)】 従量制、基本料金制の方共に660円(税込) です。

  • 頚椎後縦靱帯骨化の病理組織学的所見とその意義

    都築暢之, 今井卓夫, 堀田芳彦
    埼玉医科大学整形外科学教室
    日本整形外科学会雑誌 55(4): 387-397, 1981.


    アブストラクト】 従量制は110円(税込)、基本料金制は 基本料金に含まれます
    全文ダウンロード(7.81MB)】 従量制、基本料金制の方共に660円(税込) です。

  • 筋収縮時の筋内圧と筋血流に関する実験的研究

    阿部栄二, 荒井三千雄1)
    秋田大学医学部整形外科学教室, 1)主任 : 教授
    日本整形外科学会雑誌 55(4): 399-410, 1981.


    アブストラクト】 従量制は110円(税込)、基本料金制は 基本料金に含まれます
    全文ダウンロード(1.39MB)】 従量制、基本料金制の方共に660円(税込) です。

  • Biomechanical Study of the Deformed Spine Treated by Chiba University-Type Halo-Pelvic Distraction Apparatus

    KAZUHISA TAKAHASHI, Shun-ichi Inoue1)
    Department of Orthopaedic Surgery, School of Medicine, Chiba University, 1)Department Head : Professor
    The Journal of the Japanese Orthopaedic Association 55(4): 411-423, 1981.


    アブストラクト】 従量制は110円(税込)、基本料金制は 基本料金に含まれます
    全文ダウンロード(2.52MB)】 従量制、基本料金制の方共に660円(税込) です。

  • The Ossification of the Posterior Longitudinal Ligament of the Spine (OPLL)

    The Investigation Committee on OPLL of the Japanese Ministry of Public Helth and Welfare, Naoichi Tsuyama1), Kazuo Terayama2), Kiyoshi Ohtani3), Yasuo Yamauchi4), Isakichi Yamaura5), Takahide Kurokawa6), Kiyoshi Kaneda7), Seiko Harada8), Shun-ichi Inoue9), Mitsuo Motegi10), Yukio Miura11), Tsuneatsu Tsuchiya12), Keiro Murakami13), Akio Tomita14), Yoshito Kirita15), Keiro Ono16), Osamu Kataoka17), Takaaki Ikata18), Takashi Sako19), Susumu Hattori20), Nobuyuki Tsuzuki21), Kiyoshi Hirabayashi22), Tadashi Sasaki23), Tsutomu Yanagi24), Sekio Tominaga25), Akitsugu Tezuka26), Yutaka Nagai27)
    1)Dept. of Orthopaedic Surgery, Faculty of Medicine, University of Tokyo, 2)Dept. of Orthopaedic Surgery, Faculty of Medicine, Shinshu University, 3)Dept. of Orthopaedic Surgery, National Sanatorium Murayama Hospital, 4)Dept. of Orthopaedic Surgery, Juntendo University, School of Medicine, 5)Dept. of Orthopaedic Surgery, Tokyo Kudansaka Hospital, 6)Dept. of Orthopaedic Surgery, The University Branch Hospital, Faculty of Medicine, University of Tokyo, 7)Dept. of Orthopedic Surgery, School of Medicine, Hokkaido University, 8)Dept. of Orthopaedic Surgery, Faculty of Medicine, Hirosaki University, 9)Dept. of Orthopaedic Surgery, School of Medicine, Chiba University, 10)Dept. of Orthopedic Surgery, School of Medicine, Toho University, 11)Dept. of Orthopedic Surgery, Tokyo Medical College, 12)Dept. of Orthopaedic Surgery, Kawasaki Kyodo Hospital, 13)Dept. of Internal Medicine, National Sanatorium Hakone Hospital, 14)Dept. of Internal Medicine, Nagoya University School of Medicine, 15)Dept. of Orthopaedic Surgery, Kyoto Katsura Hospital, 16)Dept. of Orthopedic Surgery, Osaka University Medical School, 17)Dept. of Orthopaedic Surgery, National Kobe Hospital, 18)Dept. of Orthopaedic Surgery, School of Medicine, Tokushima University, 19)Dept. of Orthopaedic Surgery, Faculty of Medicine, Kagoshima University, 20)Dept. of Orthopedic Surgery, Yamaguchi University School of Medicine, 21)Dept. of Orthopaedic Surgery, Saitama Medical School, 22)Dept. of Orthopaedic Surgery, School of Medicine, Keio-Gijuku University, 23)Dept. of Orthopaedic Surgery, Kawasaki Municipal Hospital, 24)Dept. of Internal Medicine, Nagoya Second Red Cross Hospital, 25)Dept. of Orthopaedic Surgery, Shimane Prefectural Central Hospital, 26)Dept. of Orthopaedic Surgery, School of Medicine, Tokushima University, 27)Dept. of Tissue Physiology, Medical Research Institute, Tokyo Medical and Dental University
    The Journal of the Japanese Orthopaedic Association 55(4): 425-440, 1981.


    アブストラクト】 従量制は110円(税込)、基本料金制は 基本料金に含まれます
    全文ダウンロード(5.25MB)】 従量制、基本料金制の方共に660円(税込) です。

book
発行元:
日本整形外科学会
ISSN:
0021-5325
ISSN(オンライン):
旧名・別名:
NIPPON SEIKEIGEKAGAKKAI ZASSI

書籍情報から探す(巻または号が必須)

巻:
号:
開始頁:
Medical Online English Site