バックナンバー:日本整形外科学会雑誌

日本整形外科学会雑誌
89巻 10号

  • 第47回日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会 シンポジウム「骨転移治療戦略とがんのリハビリテーション」序文

    高橋満1, 中馬広一2
    1静岡県立静岡がんセンター整形外科, 2国立がん研究センター中央病院骨軟部腫瘍科
    日本整形外科学会雑誌 89(10): 755-756, 2015.


    アブストラクト】 従量制は110円(税込)、基本料金制は基本料金に含まれます
    全文ダウンロード(1.53MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • 骨転移患者における治療方針決定やリハビリ施行時のリスク管理に関する実態調査 - がんのリハビリテーション研修会参加施設へのアンケートのまとめ -

    大森まいこ (松本真以子), 辻哲也
    慶應義塾大学医学部リハビリテーション医学教室
    日本整形外科学会雑誌 89(10): 757-762, 2015.


    アブストラクト】 従量制は110円(税込)、基本料金制は基本料金に含まれます
    全文ダウンロード(1.79MB)】 従量制、基本料金制の方共に660円(税込) です。

  • 診療科横断的なキャンサーボード (CB) 診療体制による運動器マネージメントは骨転移患者のQOL維持に有用である

    篠田裕介1,2, 澤田良子1, 津田祐輔1, 大隈知威1, 小林寛1, 大木孝裕1, 池上政周3, 五嶋孝博3, 田中栄1, 河野博隆1
    1東京大学医学部附属病院整形外科, 2東京大学医学部附属病院リハビリテーション科, 3がん・感染症センター都立駒込病院骨軟部腫瘍科
    日本整形外科学会雑誌 89(10): 763-767, 2015.


    アブストラクト】 従量制は110円(税込)、基本料金制は基本料金に含まれます
    全文ダウンロード(1.75MB)】 従量制、基本料金制の方共に660円(税込) です。

  • 骨転移キャンサーボード・フォローアップシステムによる骨関連事象 (SRE) リスク管理の可能性

    城戸顕1, 小泉宗久1, 岩田栄一朗1, 重松英樹1, 倉知彦1, 奥田哲教1, 朴木寛弥1, 田中康仁1, 長谷川正俊2, 本津茂人23, 片山絵美子2, 浅川勇雄2, 玉本哲郎2, 四宮敏章4, 田岡俊昭5, 吉川公彦5, 中村卓6
    1奈良県立医科大学整形外科, 2奈良県立医科大学放射線治療・核医学科, 3奈良県立医科大学内科学第二講座呼吸器血液内科, 4奈良県立医科大学附属病院緩和ケアセンター, 5奈良県立医科大学放射線科, 6三重大学医学部附属病院乳腺外科
    日本整形外科学会雑誌 89(10): 768-774, 2015.


    アブストラクト】 従量制は110円(税込)、基本料金制は基本料金に含まれます
    全文ダウンロード(1.78MB)】 従量制、基本料金制の方共に660円(税込) です。

  • 骨転移による大腿骨病的骨折患者の在院死亡率 : DPCデータベースによる検討

    津田祐輔1, 康永秀生2, 澤田良子1, 篠田裕介1, 田中栄1, 河野博隆1
    1東京大学附属病院整形外科 (東大大学院整形), 2東京大学大学院医学系研究科公共健康医学専攻臨床疫学・経済学 (東大大学院臨床疫学)
    日本整形外科学会雑誌 89(10): 775-778, 2015.


    アブストラクト】 従量制は110円(税込)、基本料金制は基本料金に含まれます
    全文ダウンロード(1.66MB)】 従量制、基本料金制の方共に660円(税込) です。

  • 切迫麻痺・切迫骨折を有する骨転移患者の活動性に関する予後 - 放射線治療とリハビリテーション後の治療効果の評価法について -

    村田秀樹, 高橋満, 片桐浩久, 和佐潤志, 保坂聖一, 宮城道人
    県立静岡がんセンター整形外科
    日本整形外科学会雑誌 89(10): 779-785, 2015.


    アブストラクト】 従量制は110円(税込)、基本料金制は基本料金に含まれます
    全文ダウンロード(1.90MB)】 従量制、基本料金制の方共に660円(税込) です。

  • 転移性骨腫瘍患者へのがんリハビリテーションの現状

    王谷英達, 濱田健一郎, 坂井孝司, 中紀文, 名井陽, 吉川秀樹
    大阪大学大学院医学系研究科器官制御外科学講座
    日本整形外科学会雑誌 89(10): 786-789, 2015.


    アブストラクト】 従量制は110円(税込)、基本料金制は基本料金に含まれます
    全文ダウンロード(1.71MB)】 従量制、基本料金制の方共に660円(税込) です。

  • 骨転移手術のリハビリテーション - 予後スコアとリハビリテーションのゴールについて -

    片桐浩久1, 田沼明2, 高橋満1, 村田秀樹1, 和佐潤志1, 保坂聖一1, 宮城道人1
    1静岡県立静岡がんセンター整形外科, 2静岡県立静岡がんセンターリハビリテーション科
    日本整形外科学会雑誌 89(10): 790-797, 2015.


    アブストラクト】 従量制は110円(税込)、基本料金制は基本料金に含まれます
    全文ダウンロード(1.84MB)】 従量制、基本料金制の方共に660円(税込) です。

  • 人工膝関節置換術における適切なアライメントとは?

    松田秀一
    京都大学整形外科
    日本整形外科学会雑誌 89(10): 798-804, 2015.


    アブストラクト】 従量制は110円(税込)、基本料金制は基本料金に含まれます
    全文ダウンロード(1.79MB)】 従量制、基本料金制の方共に660円(税込) です。

  • 投球障害肩の診断と治療 - 手術的治療は必要か -

    山崎哲也
    横浜南共済病院スポーツ整形外科
    日本整形外科学会雑誌 89(10): 805-816, 2015.


    アブストラクト】 従量制は110円(税込)、基本料金制は基本料金に含まれます
    全文ダウンロード(1.90MB)】 従量制、基本料金制の方共に660円(税込) です。

  • The polymorphisms of melatonin receptor 1B gene (MTNR1B) (rs4753426 and rs10830963) and susceptibility to adolescent idiopathic scoliosis : a meta-analysis

    Mingyuan Yang, Xianzhao Wei, Wu Yang, Yanming Li, Haijian Ni, Yingchuan Zhao, Ziqiang Chen, Yushu Bai, Ming Li
    Department of Orthopaedics, Changhai Hospital, Second Military Medical University
    The Journal of the Japanese Orthopaedic Association 89(10): 817-817, 2015.


    全文ダウンロード(1.57MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • 新しい統計表示法NMatrixは腰部脊柱管狭窄症の治療同効薬の特性を簡単明瞭に示し, 症例に最適な薬剤の容易な選択を促す

    中村正生
    美濃市立美濃病院整形外科
    日本整形外科学会雑誌 89(10): 818-819, 2015.


    全文ダウンロード(1.67MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • 仙骨を含む固定術を要した成人脊柱変形手術後におけるmechanical failureの検討

    井上真一1,2, Morsi Khashan1,3, 藤森孝人1,4, Sigurd Berven1
    1Department of Orthopaedic Surgery, University of California, 2兵庫医科大学整形外科, 3Department of Orthopaedic Surgery, Tel Aviv Sourasky Medical Center, 4大阪大学整形外科
    日本整形外科学会雑誌 89(10): 820-820, 2015.


    全文ダウンロード(1.56MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • 脊椎術後疼痛に対するロキソプロフェンナトリウムとセレコキシブの比較検討

    関口裕之1, 井上玄1, 中澤俊之1, 井村貴之1, 齋藤亘1, 内田健太郎1, 宮城正行1, 高平尚伸2, 高相晶士1
    1北里大学医学部整形外科学, 2北里大学医療衛生学部リハビリテーション学科
    日本整形外科学会雑誌 89(10): 821-821, 2015.


    全文ダウンロード(1.56MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • 上肢挙上時の体幹運動および筋活動特性

    高橋和宏1,2, 山路雄彦1, 和田直樹2, 白倉賢二2, 渡辺秀臣1
    1群馬大学大学院保健学研究科リハビリテーション学, 2群馬大学医学部附属病院リハビリテーション部
    日本整形外科学会雑誌 89(10): 822-822, 2015.


    全文ダウンロード(1.56MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • Modified MostardiアプローチによるTHAで超高分子量ポリエチレン製テープを用いて大転子部の再建を行うと術後, 良好な骨癒合率が得られる

    黒田隆1, 秋山治彦2, 南角学3, 宗和隆1, 松田秀一1
    1京都大学大学院医学研究科整形外科学, 2岐阜大学大学院医学系研究科整形外科学, 3京都大学附属病院リハビリテーション部
    日本整形外科学会雑誌 89(10): 823-823, 2015.


    全文ダウンロード(1.56MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • プロアスリートの足関節前方および後方インピンジメント症候群合併例に対する同時鏡視下手術

    宮本亘, 高尾昌人, 松井健太郎, 松下隆
    帝京大学医学部整形外科学講座
    日本整形外科学会雑誌 89(10): 824-824, 2015.


    全文ダウンロード(1.56MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • CTを用いて精査した日本人の股関節におけるfemoroacetabular impingementの頻度

    三村朋大1, 川崎拓1, 板倉慎2, 平田知大1, 藤川ひとみ1, 森幹士1, 今井晋二1
    1滋賀医科大学整形外科学講座, 2滋賀県立小児保健医療センター整形外科
    日本整形外科学会雑誌 89(10): 825-826, 2015.


    全文ダウンロード(1.60MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • Periprosthetic BMD after cemented and uncemented total hip arthroplasty : a 10-year follow-up study

    Toni Tapaninen, Heikki Kroger, Petri Venesmaa
    Department of Orthopaedics and Traumatology, Kuopio University Hospital
    The Journal of the Japanese Orthopaedic Association 89(10): 827-827, 2015.


    全文ダウンロード(1.57MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • 日本における人工股関節全置換術後患者の転倒実態調査

    生友尚志1, 永井宏達2, 中川法一1, 増原建作1
    1医療法人増原クリニックリハビリテーション科, 2兵庫医療大学リハビリテーション学部理学療法学科
    日本整形外科学会雑誌 89(10): 828-829, 2015.


    全文ダウンロード(1.59MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • Quadriceps tendon pie-crusting release of stiff knees in total knee arthroplasty

    Yu Zhang, Lu-you Ye, Hai-xiao Liu, Hong Wen
    Department of Orthopaedic Surgery, Second Affiliated Hospital of Wenzhou Medical University
    The Journal of the Japanese Orthopaedic Association 89(10): 830-830, 2015.


    全文ダウンロード(1.57MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • Diagnostic accuracy of ultrasonography in assessing meniscal injury : meta-analysis of prospective studies

    Hai Dai1, Zong-gui Huang1, Zhi-jian Chen2, Jin-xin Liu1
    1Department of Osteology, No.1 People's Hospital of Nanning, 2Department of Clinical Laboratory, First Affiliated Hospital of Guangxi Medical University
    The Journal of the Japanese Orthopaedic Association 89(10): 831-831, 2015.


    全文ダウンロード(1.57MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • 高エネルギー骨折患者における静脈血栓塞栓スクリーニングのためのD-dimerの有用性と限界

    新倉隆宏1, 酒井良忠2, 李相亮1, 岩倉崇1, 西田康太郎1, 黒田良祐1, 黒坂昌弘1
    1神戸大学大学院整形外科, 2神戸大学大学院リハビリテーション機能回復学
    日本整形外科学会雑誌 89(10): 832-832, 2015.


    全文ダウンロード(1.56MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • Optimal timing for type C3 thoracic fractures with posterior surgical approach: a retrospective cohort study

    Haiping Zhang, Qinpeng Zhao, Baorong He, Jijun Liu, Dingjun Hao, Hua Guo
    Department of Orthopedics, Honghui Hospital of Xi'an Jiaotong University
    The Journal of the Japanese Orthopaedic Association 89(10): 833-833, 2015.


    全文ダウンロード(1.57MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • Intramedullary nailing versus minimally invasive plate osteosynthesis for distal extra-articular tibial fractures : a prospective randomized clinical trial

    Atilla Polat1, Ozkan Kose2,3, Kerem Canbora1, Serhat Yanik1Ferhat Guler2
    1Department of Orthopaedics and Traumatology, Haydarpasa Numune Education and Research Hospital, 2Department of Orthopaedics and Traumatology, Antalya Education and Research Hospital, 3Present Address : Uncali Mah. Toroslar cad.
    The Journal of the Japanese Orthopaedic Association 89(10): 834-834, 2015.


    全文ダウンロード(1.57MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • Clinical and radiographic outcomes of femoral head fractures : excision vs. fixation of fragment in Pipkin type I : what is the optimal choice for femoral head fracture ?

    Kyung-Soon Park1, Keun-Bae Lee2, Bo-Ram Na1, Taek-Rim Yoon1
    1Department of Orthopedic Surgery, Center for Joint Disease at Chonnam National University Hwasun Hospital, 2Department of Orthopedic Surgery, Chonnam National University Medical School and Hospital
    The Journal of the Japanese Orthopaedic Association 89(10): 835-835, 2015.


    全文ダウンロード(1.57MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • 変形性膝関節症および関節リウマチ患者におけるヒトCCN遺伝子群の発現解析

    小松雅俊1, 中村幸男1, 丸山正昭2, 安部一俊3, Ramida Watanapokasin4, 加藤博之1
    1信州大学医学部運動機能学講座, 2篠ノ井総合病院整形外科, 3ジェノスタッフ株式会社, 4シーナカリンウィロート大学生化学教室 (タイ)
    日本整形外科学会雑誌 89(10): 836-836, 2015.


    全文ダウンロード(1.56MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • hBMP-2 and hTGF-β1 expressed in implanted BMSCs synergistically promote the repairing of segmental bone defects

    Chenghui Yin, Jianping Chen, Zongxiong Chen, Zhaoxun Zeng, Junqin Qiu
    Department of Orthopedics, Fuzhou General Hospital
    The Journal of the Japanese Orthopaedic Association 89(10): 837-837, 2015.


    全文ダウンロード(1.57MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • Perioperative alendronate, risedronate, calcitonin and indomethacin treatment alters femoral stem fixation and periprosthetic bone mineral density in ovariectomized rats

    Deniz Cankaya1, Yalcin Tabak1, Akif Muhtar Ozturk2, Muhammed Cuneyd Gunay1
    1Department of Orthopaedic and Traumatology, Ankara Numune Training and Research Hospital, 2Gazi University
    The Journal of the Japanese Orthopaedic Association 89(10): 838-838, 2015.


    全文ダウンロード(1.57MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • Gallic acid can play a chondroprotective role against AGE-induced osteoarthritis progression

    Liang Wen1, Tie-Bing Qu1, Kan Zhai2, Jie Ding2, Yong Hai1, Jun-Lin Zhou1
    1Department of Orthopaedics, Beijing Chaoyang Hospital, Capital Medical University, 2Medical Research Center, Beijing Chaoyang Hospital, Capital Medical University
    The Journal of the Japanese Orthopaedic Association 89(10): 839-839, 2015.


    全文ダウンロード(1.57MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • 一般的な日本人において, 腰痛患者の報告する機能障害は痛みの強度に依存せず医療受診と関連している

    小野玲1,3, 山崎新2,3,8, 武上未紗2,3,4, 鈴鴨よしみ5, 紺野愼一6, 菊地臣一6, 福原俊一2,3,7
    1神戸大学大学院保健学研究科地域保健学領域, 2京都大学大学院医学研究科社会健康医学専攻医療疫学医療疫学分野, 3健康医療評価研究機構 (iHope), 4国立循環器病研究センター研究開発基盤センター予防医学・疫学情報部, 5東北大学大学院医学系研究科障害科学専攻肢体不自由学分野, 6福島県立医科大学整形外科, 7福島県立医科大学, 8国立環境研究所環境健康研究センター環境疫学研究室
    日本整形外科学会雑誌 89(10): 840-840, 2015.


    全文ダウンロード(1.56MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • The societal burden of chronic pain in Japan: an internet survey

    Tomoyuki Takura1, Takahiro Ushida2, Tsukasa Kanchiku3, Nozomi Ebata4, Koichi Fujii4, Marco daCosta DiBonaventura5, Toshihiko Taguchi3
    1Department of Health Economics and Industrial Policy, Osaka University Graduate School of Medicine, 2Multidisciplinary Pain Center, Aichi Medical University, 3Department of Orthopaedic Surgery, Yamaguchi University Graduate School of Medicine, 4Pain / Neuroscience Medical Affairs, Pfizer, 5Health Outcomes Practice, Kantar Health
    The Journal of the Japanese Orthopaedic Association 89(10): 841-841, 2015.


    全文ダウンロード(1.57MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

book
発行元:
日本整形外科学会
ISSN:
0021-5325
ISSN(オンライン):
旧名・別名:
NIPPON SEIKEIGEKAGAKKAI ZASSI

書籍情報から探す(巻または号が必須)

巻:
号:
開始頁:
Medical Online English Site