アブストラクト

 
Title :
第6回 IL-6阻害と感染症
Subtitle :
連載 炎症性サイトカインの基礎と臨床 〜IL-6を中心に〜
Authors :
亀田秀人
Authors (kana) :
Organization :
東邦大学医学部内科学講座膠原病学分野
Journal :
炎症と免疫
Volume :
27
Number :
6
Page :
497-501
Year/Month :
2019 / 11
Article :
報告
Publisher :
先端医学社
Abstract :
「はじめに」 インターロイキン(IL)-6は, 関節リウマチ(RA)をはじめとした免疫性炎症性疾患(immune-mediated inflammatory diseases : IMID)の病態において中心的な役割を果たし, 日本で開発された抗IL-6受容体ヒト化モノクローナル抗体製剤トシリズマブ(tocilizumab : TCZ)は, RA以外にも若年性特発性関節炎, 大型血管炎や成人スチル病などのIMIDの治療薬としても国内で承認されている. TCZに続き, IL-6を治療標的とした生物学的製剤が相次いで開発されたが, IL-6自体に対する抗体製剤のRA治療薬としての開発は, シルクマブ(sirukumab), オロキズマブ(olokizumab), クラザキズマブ(clazakizumab)のいずれもが2017年までに中止となっている. 一方でサリルマブ(sarilumab : SAR)はIL-6受容体αサブユニットに対するはじめての完全ヒト型モノクローナル抗体製剤として開発され, 日本でも2017年にRA治療薬として承認された.
Practice :
基礎医学・関連科学
Keywords :
  

この文献のダウンロード料金は、従量制、基本料金制の方共に836円(税込)です。
ダウンロードする方は、以下の文献ダウンロードをクリックしてください。
文献ダウンロード(4.23MB)

Medical Online English Site