アブストラクト

Title 4 肝細胞がん 1) 薬物療法
Subtitle 特集 消化器がんの内科的治療法の進歩
Authors 古瀬純司
Authors (kana) ふるせじゅんじ
Organization 杏林大学医学部腫瘍内科学教室 教授
Journal THE GI FOREFRONT
Volume 16
Number 2
Page 114-117
Year/Month 2020 / 12
Article 報告
Publisher メディカルレビュー社
Abstract 肝細胞がんに対する薬物療法は, 切除手術, 局所壊死療法や肝動脈化学塞栓療法 (transcatheter arterial chemoembolization : TACE) など局所治療が適応にならない進行がんが対象となる. まずマルチキナーゼ阻害薬ソラフェニブにより初めて標準治療が確立した. その後, ソラフェニブとの比較試験により, レンバチニブおよびアテゾリズマブ+ベバシズマブ併用療法の有用性が確認されている. 二次以降の治療としてレゴラフェニブ, ラムシルマブが現在使用され, カボザンチニブも申請中である. さらに根治治療後の補助療法やTACEとの併用で大規模な臨床試験が進められている. 肝細胞がんは薬物療法による予後の改善が見込まれるとともに, これらの薬剤をどのように使用していくかが臨床的課題となるものと考えられる.
Practice 臨床医学:内科系
Keywords
  • 全文ダウンロード: 従量制、基本料金制の方共に814円(税込) です。