アブストラクト

Title 第7回 排卵誘発薬 (3) クロミフェンとレトロゾール
Subtitle 連載 婦人科のくすり, どう考える? 教えて いわもと先生!
Authors 岩本豪紀
Authors (kana)
Organization 武蔵境いわもと婦人科クリニック
Journal 調剤と情報
Volume 25
Number 5
Page 748-754
Year/Month 2019 / 4
Article 報告
Publisher じほう
Abstract 「今回の基礎のキソ!」「間脳-視床下部-下垂体-卵巣系のネガティブ・フィードバック機構」●中枢神経系 (間脳-視床下部-下垂体) と卵巣の間には, 卵胞刺激ホルモン (follicle stimulating hormone : FSH) とエストラジオール (estradiol : E2) を介したネガティブ・フィードバック機構が存在します. ●月経中は小さな卵胞しか存在しないので, E2は低値です. これによりFSH分泌が亢進し, 卵胞発育を促します. ●卵胞が発育するとE2を分泌するようになり, ネガティブ・フィードバックによりFSH分泌は抑制されます. ●内因性のFSHで排卵を誘発するには, 何らかの形でこのフィードバック系に介入し, 卵胞が育っていてもFSHが分泌亢進されている状態を作る必要があります.
Practice 薬学
Keywords
  • 全文ダウンロード: 従量制、基本料金制の方共に764円(税込) です。

参考文献

  • 1) Dickey RP, et al : Development, pharmacology and clinical experience with clomiphene citrate. Hum Reprod Update, 2 : 483-506, 1996
  • 2) Legro RS, et al : Letrozole versus clomiphene for infertility in the polycystic ovary syndrome. N Engl J Med, 371 : 119-129, 2014
  • 3) ACOG Committee Opinion No.738 : Aromatase Inhibitors in Gynecologic Practice. Obstet Gynecol, 131 : e194-e199, 2018
  • 4) Teede HJ, et al : Recommendations from the international evidence-based guideline for the assessment and management of polycystic ovary syndrome. Fertil Steril, 110 : 364-379, 2018
  • 5) Mitwally MF, et al : Use of an aromatase inhibitor for induction of ovulation in patients with an inadequate response to clomiphene citrate. Fertil Steril, 75 : 305-309, 2001
残りの2件を表示する
  • 6) Biljan MM, et al : The outcome of 150 babies following the treatment with Letrozole or Letrozole and Gonadotropins. Fertil Steril, 84(Suppl 1) : S95, 2005
  • 7) Palomba S : Aromatase inhibitors for ovulation induction. J Clin Endocrinol Metab, 100 : 1742-1747, 2015