アブストラクト

 
Title :
第10回 急性心不全の利尿薬
Subtitle :
連載 比べてわかる 根拠が見える 似ている薬の使い分け
Authors :
勝綾香
Authors (kana) :
かつあやか
Organization :
聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院 薬剤部 主任
Journal :
Emer-Log
Volume :
33
Number :
4
Page :
534-537
Year/Month :
2020 /
Article :
報告
Publisher :
メディカ出版
Abstract :
「薬の選択肢」(1)フロセミド(ラシックス(R)) (2)トルバプタン(サムスカ(R)) (3)カルペリチド(ハンプ(R)) 「CASE」70歳, 男性. 身長165cm, 体重70kg(平常時65kg). 「主訴:」呼吸困難 「現病歴:」2年前に心筋梗塞を発症し入院. 退院後は外来通院となっていたが, 6カ月前から通院を自己中断していた. 2カ月前から下腿浮腫が出現し, 3週間前から労作時に呼吸困難を自覚した. 来院前日から安静時にも呼吸困難を自覚し, 症状増悪傾向のため当院救急外来を受診した. 低心機能(EF 25%), 下腿浮腫, 胸水貯留, 低酸素血症を認め, 急性心不全の診断で入院となる. 「既往歴:」脂質異常症, 心筋梗塞 「入院前内服薬:」自己中断によってなし 「入院時バイタルサイン:」血圧138/70mmHg, 脈拍99回/min(整), 呼吸数28回/min, SpO2 96%(O2 8L/min), 意識清明 「入院時検査値:」BNP 860pg/mL
Practice :
看護学
Keywords :
  

この文献のダウンロード料金は、従量制、基本料金制の方共に1,650円(税込)です。
ダウンロードする方は、以下の文献ダウンロードをクリックしてください。
文献ダウンロード(1.36MB)

Medical Online English Site