~
検索条件をクリア

アブストラクト

Title 6 造血幹細胞移植とリハビリテーション医療
Subtitle 特集 臓器移植とリハビリテーション医療
Authors 石川愛子*
Authors (kana)
Organization *慶應義塾大学医学部リハビリテーション医学教室
Journal The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine
Volume 59
Number 6
Page 597-602
Year/Month 2022 / 6
Article 報告
Publisher 日本リハビリテーション医学会
Abstract 「要旨」造血幹細胞移植(hematopoietic stem cell transplantation: HSCT)は造血器腫瘍の治療の中でも強力な治療であり, 治療効果が高い反面有害事象も多い. 造血幹細胞移植においては, さまざまな要因により身体活動量が低下し, 廃用症候群を伴って身体機能が低下するとともに精神機能の低下もみられ, 患者の生活の質(quality of life: QOL)が低下する. これらの改善のためには, 運動療法をはじめとしたリハビリテーション治療が有効である. 本稿では, 造血幹細胞移植患者に対するリハビリテーション診療について, エビデンスをもとに概説する.
Practice 医療技術
Keywords 造血幹細胞移植, 化学療法, リハビリテーション医療, 廃用症候群, がん関連疲労
  • 全文ダウンロード: 従量制、基本料金制の方共に770円(税込) です。

参考文献

残りの10件を表示する