アブストラクト

 
Title :
2 正常・異常歩行の運動学
Subtitle :
特集 リハビリテーション医学における歩行分析とその臨床応用
Authors :
大畑光司*
Authors (kana) :
Organization :
*京都大学大学院医学研究科 人間健康科学専攻
Journal :
The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine
Volume :
58
Number :
2
Page :
121-127
Year/Month :
2021 / 2
Article :
報告
Publisher :
日本リハビリテーション医学会
Abstract :
「要旨」歩行運動において, 正常と異常を区別する閾値の設定は非常に難しい問題である. 一般に正常歩行は, 健常者の歩行運動を基準とし, そこからの偏位として定義づけられることが多い. しかし, 健常者の歩行にも幅があり, 一概に正しい歩行のあり方を決めることは難しい. 理論的に正常歩行とは効率的な倒立振子運動を形成し, 両脚支持期の床反力を適切に制御されている状態である. この運動の効率のよい形成のためには, limb kinematicsの調整が鍵となる. Limb kinematicsの制御が適切に行われている状態を正常歩行であるとすることで, より臨床的な正常歩行の定義が可能になるかもしれない.
Practice :
医療技術
Keywords :
歩行, 運動学, 運動力学, 平面性の法則
  

この文献のダウンロード料金は、従量制、基本料金制の方共に660円(税込)です。
ダウンロードする方は、以下の文献ダウンロードをクリックしてください。
文献ダウンロード(2.43MB)

Medical Online English Site