アブストラクト

 
Title :
従来のECMOからCOVID-19のECMOへの工夫
Subtitle :
症例報告
Authors :
安田徹, 草浦理恵, 小久保領, 小藤誠也, 早坂秀幸, 松田考平, 佐伯将城, 楠本雅哉, 田中杏実, 竹内寿里耶, 永田夏海, 百瀬直樹
Authors (kana) :
Organization :
自治医科大学附属さいたま医療センター 臨床工学部
Journal :
体外循環技術
Volume :
47
Number :
3
Page :
256-262
Year/Month :
2020 /
Article :
報告
Publisher :
日本体外循環技術医学会
Abstract :
「要旨」COVID-19に対する体外式膜型人工肺(extracorporeal membrane oxygenation:ECMO)を経験した(COVID ECMO). COVID-19対応では感染対策のみならず感染防御部材の不足があり, また呼吸補助の特殊性などから従来のECMO管理とは違う点が多く浮かび上がった. そこで新たにECMOの管理方法を変えながら治療に当たった. 治療対象は当院で2020年4月から6月末にかけCOVID-19感染患者に対して主に呼吸補助の目的でECMOを導入した6症例である. 結果として, 従来の循環補助のECMOとは違う静脈-静脈バイパスが主となった. 回路内圧やガスモニターにも工夫が必要で, それらの値が意味するものも大きく違った. ECMOの導入・移動・回路交換・離脱も技士は1名で対応せざるを得ず, 技士間そして医師・看護師とは特別な情報共有の手段も必要になった. 今回は患者半数がECMOを離脱し, 最大補助日数は61日であったが, COVID-19の特徴として凝固制御が難しい症例が目立った. COVID ECMOは特に多職種連携が必須であり, それには日頃からの信頼関係の構築が求められる. 現在も感染は収束しておらず, 本報告症例とは別に8月からCOVID ECMO治療が再開しており, いずれの施設もCOVID ECMO治療に備えるべきである. 本論文はそのための情報共有として報告するものである.
Practice :
医療技術
Keywords :
新型コロナ, 感染症, 呼吸補助, V-V ECMO, チーム医療, COVID-19, infection, respiratory support, veno-venous extracorporeal membrane oxygenation (V-V ECMO), team medical care
  

この文献のダウンロード料金は、従量制、基本料金制の方共に660円(税込)です。
ダウンロードする方は、以下の文献ダウンロードをクリックしてください。
文献ダウンロード(8.61MB)

Medical Online English Site