バックナンバー:国際保健医療

国際保健医療
20巻 suppl号

  • S1-1 くすりギャップの解消を目指して

    津谷喜一郎
    東京大学大学院薬学系研究科・医薬経済学
    国際保健医療 20(suppl): 37-37, 2005.


    全文ダウンロード(0.50MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • S1-2 世界の医薬品問題とNGOの活動

    藤崎智子
    特定非営利活動法人HANDS
    国際保健医療 20(suppl): 38-38, 2005.


    全文ダウンロード(0.45MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • S1-3 医薬品へのアクセス向上と適正使用―ニカラグアの事例から―

    奥村順子
    金沢大学大学院自然科学研究科国際保健薬学研究室
    国際保健医療 20(suppl): 39-39, 2005.


    全文ダウンロード(0.63MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • S1-4 結核における医薬品問題と対策

    須知雅史
    (財)結核予防会結核研究所
    国際保健医療 20(suppl): 40-40, 2005.


    全文ダウンロード(0.60MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • S1-5 開発途上国の医薬品分野の人材開発

    野崎慎仁郎
    社団法人国際厚生事業団
    国際保健医療 20(suppl): 41-41, 2005.


    全文ダウンロード(0.54MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • S1-6 A new medicines to the outcast illness[Machine Translation] (見捨てられた病気に新薬を)

    Bruenger Chris, 平林史子, Croft Simon, Pecoul Bernard, Champey Yves
    Drugs for Neglected Diseases initiative
    Journal of International Health 20(suppl): 42-42, 2005.


    全文ダウンロード(0.53MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • S2-1 Impact of Israel's separation plan in the Gaza Strip and its health rights: Case studies of breast cancer[Machine Translation] (ガザ地区におけるイスラエルの分離計画とその健康の権利への影響 - 乳がんの事例研究)

    Bendel Maskit
    Physicians for Human Rights-Israel
    Journal of International Health 20(suppl): 43-43, 2005.


    全文ダウンロード(0.51MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • S2-2 Effects to access of health care services move blockade and the separation wall in the health and the separation Palestine[Machine Translation] (健康と分離パレスチナにおける分離壁と移動封鎖が医療保健サービスのアクセスへ及ぼす影響)

    Mashal Jihad
    Palestinian Medical Relief Society
    Journal of International Health 20(suppl): 44-44, 2005.


    全文ダウンロード(0.55MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • S2-3 A comprehensive services for deaf children in Gaza under the blockade situation: The collaboration with two NGO of Palestine and Japan with that solidarity was achieved[Machine Translation] (封鎖状況下のガザにおける聴覚障害児のための包括的サービス - パレスチナと日本の2つのNGOによる協働と連帯が成し遂げたこと)

    本田徹1), 田中好子1), Shawa Geraldine2), 山口誠史3)
    1)特定非営利活動法人パレスチナ子どものキャンペーン, 2)アトファルナ聾学校, 3)特定非営利活動法人シェア=国際保健協力市民の会
    Journal of International Health 20(suppl): 45-45, 2005.


    全文ダウンロード(0.57MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • S2-4 Palestinian medical insurance situation: Cooperation of outline and NGO[Machine Translation] (パレスチナの医療保健事情 - 概略とNGOの連携 -)

    藤屋リカ
    日本国際ボランティアセンター
    Journal of International Health 20(suppl): 46-46, 2005.


    全文ダウンロード(0.55MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • S3-1 母子保健と人権

    牛島廣治, 福岡秀興
    東京大学大学院医学系研究科
    国際保健医療 20(suppl): 47-47, 2005.


    全文ダウンロード(0.53MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • S3-2 アフリカの女性と子どもの人権とエイズ

    若杉なおみ
    国立国際医療センター研究所疫学統計研究部
    国際保健医療 20(suppl): 48-48, 2005.


    全文ダウンロード(0.60MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • S3-3 Women's Health in Pakistan: Human rights issue[Machine Translation] (パキスタンにおける女性の健康 : 人権問題)

    Ali Moazzam
    東京大学大学院医学系研究科国際保健学専攻国際保健計画学
    Journal of International Health 20(suppl): 49-49, 2005.


    全文ダウンロード(0.54MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • S3-4 在日外国人のリプロダクティブ・ヘルス/ライツ

    李節子
    東京女子医科大学大学院看護学研究科
    国際保健医療 20(suppl): 50-50, 2005.


    全文ダウンロード(0.59MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • S4-1 食道がん発生の環境的・遺伝的発生要因の相互作用に関する研究

    那須民江
    名古屋大学大学院医学系研究科環境労働衛生学
    国際保健医療 20(suppl): 51-51, 2005.


    全文ダウンロード(0.60MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • S4-2 中国における慢性ヒ素中毒:実態と改善

    熊谷嘉人
    筑波大学大学院人間総合科学研究科社会環境医学専攻環境医学分野
    国際保健医療 20(suppl): 52-52, 2005.


    全文ダウンロード(0.57MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • S4-3 ベトナム医療施設との感染症感受性遺伝子探索共同研究の実施過程

    慶長直人, 土方美奈子, 櫻田紳策
    国立国際医療センター研究所呼吸器疾患研究部
    国際保健医療 20(suppl): 53-53, 2005.


    全文ダウンロード(0.47MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • S4-4 タイにおけるマラリア重症化と関連するヒト遺伝子多型の探索

    大橋順
    東京大学大学院医学系研究科国際保健学専攻人類遺伝学教室
    国際保健医療 20(suppl): 54-54, 2005.


    全文ダウンロード(0.51MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • S5-1 日本の国際保健医療協力:パートナーシップの時代の中で

    黒岩宙司
    東京大学大学院医学系研究科国際保健計画学教室
    国際保健医療 20(suppl): 55-55, 2005.


    全文ダウンロード(0.60MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • S5-2 ポリオ根絶活動を中心としたラオスでの「公衆衛生プロジェクト」および「小児感染症予防プロジェクト」でのパートナーシップ

    黒岩宙司
    東京大学大学院医学系研究科国際保健計画学教室
    国際保健医療 20(suppl): 56-56, 2005.


    全文ダウンロード(0.60MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • S5-3 ラオスにおけるJICA KIDSMILEプロジェクトの取り組み

    岩本あづさ
    国立国際医療センター国際医療協力局派遣協力第二課
    国際保健医療 20(suppl): 57-57, 2005.


    全文ダウンロード(0.60MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • S5-4 パートナーシップの中での保健省アドバイザーの役割 ラオスの経験から

    三好知明
    国立国際医療センター国際医療協力局派遣協力第二課
    国際保健医療 20(suppl): 58-58, 2005.


    全文ダウンロード(0.58MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • S5-5 タンザニアにおける保健セクター援助協調(開発パートナーシップ)の現状と課題

    杉下智彦
    JICAタンザニア・モロゴロ州保健行政強化プロジェクト
    国際保健医療 20(suppl): 59-59, 2005.


    全文ダウンロード(0.63MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • SS-1 三日熱マラリアへの挑戦

    堀井俊宏
    大阪大学微生物病研究所
    国際保健医療 20(suppl): 60-60, 2005.


    全文ダウンロード(0.53MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • SS-2 非媒介性ハマダラカはマラリア制圧の武器になりうるか?

    嘉糠洋陸
    東京大学大学院薬学系研究科遺伝学教室
    国際保健医療 20(suppl): 61-61, 2005.


    全文ダウンロード(0.60MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • SS-3 トランスジェニック力を用いたハマダラカーマラリア原虫の生物学的適応性の解明

    吉田栄人
    自治医科大学医学部感染免疫学講座医動物学部門
    国際保健医療 20(suppl): 62-62, 2005.


    全文ダウンロード(0.56MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • SS-4 真核生物の起源は藻類? “ シゾン”ゲノムの完全解読から

    黒岩常祥
    立教大学理学部生命理学科
    国際保健医療 20(suppl): 63-63, 2005.


    全文ダウンロード(0.54MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • P1-1 抗HIV薬治療へのアクセスを促進させる因子〜東北タイにおける経験から〜

    李祥任1), Asasri Siriwan1), Moontha Sombat1), 代田香苗1), 西山美希1), Sripirom Duangduang2), Sanrarat Petsy3), Toomjun Sujarit3), Somjet Peinkoom4), 沢田貴志1)
    1)特定非営利活動法人シェア=国際保健協力市民の会, 2)Kropkrua sampan PLWHA group, Amnat Charoen Provincial Hospital, Thailand, 3)Department of Counselling, Amnat Charoen Provincial Hospital, Thailand, 4)AIDS Division, Amnat Charoen Provincial Public Health Office, Thailand
    国際保健医療 20(suppl): 67-67, 2005.


    全文ダウンロード(0.67MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • P1-2 A study on the delivery rate of HIV mother-to-child transmission prevention program participation HIV-positive pregnant women at the top referral hospital in Cambodia[Machine Translation] (カンボジアにおけるトップリフェラル病院でのHIV母子感染予防プログラム参加HIV陽性妊婦の分娩率に関する考察)

    向山ゆみ1), 垣本和宏1), 藤田則子1), KOUM KANAL3), TAN VUOCH CHHENG3), THAILEANG CHOU3), KIM RATTANA3), DENG KHEANG3), VOUNG SATHIARANY3)
    1)国立国際医療センター国際医療協力局, 2)JICAカンボジア母子保健プロジェクトフェーズ2, 3)カンボジア国立母子保健センター
    Journal of International Health 20(suppl): 68-68, 2005.


    全文ダウンロード(0.52MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • P1-3 HIV母子感染予防プログラムへのパートナーの関わりが及ぼす影響の検討

    垣本和宏1), 向山ゆみ1), TAI LEANG CHOU2), KOUM KANAL2)
    1)国立国際医療センター国際医療協力局, 2)カンボジア国立母子保健センター
    国際保健医療 20(suppl): 69-69, 2005.


    全文ダウンロード(0.60MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • P1-4 A study of factors related to the visit of HIV testing for HIV mother-to-child transmission prevention of pregnant women in Tanzania Dar es Salaam Region[Machine Translation] (タンザニア国ダルエスサラーム州における妊婦のHIV母子感染予防のためのHIV検査の受診に関連する要因の研究)

    小南真由美1), 牛島廣治1), HENRY A.MEENA2)
    1)東京大学医学系研究科国際保健学科発達医科学教室, 2)Joint United National Programme on HIV/AIDS, Dar Es Salaam, Tanzania
    Journal of International Health 20(suppl): 70-70, 2005.


    全文ダウンロード(0.56MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • P1-5 ウガンダ共和国のHIV/AIDS栄養支援のあり方について―栄養面自己管理点検表を通じて見えた課題―

    日暮桂子, 磯田厚子
    女子栄養大学大学院栄養学研究学科国際協力学研究室
    国際保健医療 20(suppl): 71-71, 2005.


    全文ダウンロード(0.63MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • P1-6 エイズと子供の人権 忘れられた子供たち

    石川尚子
    School of Lifelong Education and International Development, Institute of Education, University of London
    国際保健医療 20(suppl): 72-72, 2005.


    全文ダウンロード(0.60MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • P1-7 カナダにおける注射薬物使用者に対するエイズ対策について

    吉田智子1), 嶋根卓也2), 池上清子4)
    1)QQ, 2)順天堂大学大学院医学研究科疫学・環境医学専攻, 3)国立保健医療科学院疫学部, 4)UNFPA(国連人口基金)東京事務所
    国際保健医療 20(suppl): 73-73, 2005.


    全文ダウンロード(0.65MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • P1-8 国立国際医療センター国際医療協力局の感染症対策に関わる国際協力の今後の方向性と可能性(特にHIV/AIDSと予防接種事業に関して)

    塚本勝之1), 垣本和宏1), 宮村和夫1), 向山ゆみ1), 石田裕1), 小西香子1), 稲葉淳一1), 櫻田紳策2), 帖佐徹1), 疋田和生1)
    1)国際医療センター国際医療協力局, 2)国立国際医療センター研究所
    国際保健医療 20(suppl): 74-74, 2005.


    全文ダウンロード(0.64MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • P1-9 パキスタン北西辺境州Swat, Buner郡におけるポリオと麻疹に対する知識調査

    二階堂紀子1), 櫻田紳策2), 小林誠3), ザヒール シャー カーン3), サイード カマール ウル ハッサン3), 松葉剛4)
    1)国立国際医療センター病院小児科病棟, 2)国立国際医療センター研究所呼吸器疾患研究部, 3)国際協力機構, パキスタンEPIプロジェクト, 4)順天堂大学医学部衛生学
    国際保健医療 20(suppl): 75-75, 2005.


    全文ダウンロード(0.63MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • P1-10 中国におけるOPVキャンペーン縮小の影響分析

    帖佐徹, 疋田和生
    国立国際医療センター国際医療協力局
    国際保健医療 20(suppl): 76-76, 2005.


    全文ダウンロード(0.52MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • P1-11 Evaluation survey on anti-TB drugs drug management in Cambodia national TB control program[Machine Translation] (カンボジア国家結核対策プログラムにおける抗結核薬薬剤管理に関する評価サーベイ)

    内山雄太1), MAO TANG EANG2), 岡田耕輔1), CHAY SOKUN2), KOU SOUM MARDY2), LENG CHHENGLAY1)
    1)カンボジア国立結核・ライ病対策センター/国際協力機構国家結核対策プロジェクト, 2)カンボジア国立結核・ライ病対策センター
    Journal of International Health 20(suppl): 77-77, 2005.


    全文ダウンロード(0.58MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • P1-12 国家結核対策における結核菌検査精度管理(EQA)のモデル作り―HIV蔓延地域・ザンビアにおける検討―

    藤木明子1), 座間智子1), 工藤知子2), 石川信克1)
    1)結核予防会結核研究所, 2)独立行政法人国際協力機構
    国際保健医療 20(suppl): 78-78, 2005.


    全文ダウンロード(0.61MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • P1-13 パキスタンにおける女性保健ボランティアを伴うDOTSをモデルとしたプライマリーヘルスケア体制確立に関する研究

    小原尚美1), 宮城裕人2), 須知雅史1)
    1)(財)結核予防会結核研究所, 2)JICAパキスタン結核対策プロジェクト
    国際保健医療 20(suppl): 79-79, 2005.


    全文ダウンロード(0.60MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • P1-14 ニジェールにおける小学校での『保健クラブ』の設立と定期的な保健衛生教育の試み―青年海外協力隊ドッソ学校保健グループの実践―

    友川幸, 小林敏生
    広島大学大学院保健学研究科
    国際保健医療 20(suppl): 80-80, 2005.


    全文ダウンロード(0.64MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • P1-15 A study on the mother of knowledge, awareness and behavior for smoking and passive smoking in Syria[Machine Translation] (シリアにおける喫煙および受動喫煙に対する母親の知識・意識・行動に関する研究)

    渡辺志津1), 畑栄一2), 兵井伸行2)
    1)元国立保健医療科学院専門課程, 2)国立保健医療科学院
    Journal of International Health 20(suppl): 81-81, 2005.


    全文ダウンロード(0.56MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • P1-16 ラオス, ウドムサイ県モデル校における, 学校保健アプローチのマラリア教育の効果について

    野中大輔1), VILAYSUK BOUNSOU2), SAYYAVON DUANGSAWATH3), 塚本勝之4), 小島荘明5), 竹内勤6), 神馬征峰7), 狩野繁之8), 小林潤4)
    1)元青年海外協力隊, 2)Oudomxay Provincial Health Office, Oudomxay, LaoPDR, 3)Oudomxay Provincial Education Office, Oudomxay, LaoPDR, 4)国立国際医療センター国際協力局, 5)国際医療福祉大学基礎医学センター, 6)慶応大学医学部熱帯医学寄生虫学, 7)東京大学大学院国際地域保健, 8)国立国際医療センター研究所適正技術開発・移転研究部
    国際保健医療 20(suppl): 82-82, 2005.


    全文ダウンロード(0.66MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • P1-17 カンボジアにおける包括的学校保健プロジェクトの試み

    岡林広哲1), Phirum Heng2), Kunthearith Yung3), Saroeun Pen3), Socheat Duong4), Waikagul Jitra5), 小島莊明6), 竹内勤7), 建野正毅1), 小林潤1)
    1)国立国際医療センター国際医療協力局派遣協力課, 2)バッタンバン県感染症コントロール, 3)教育省学校保健課, 4)国立マラリアセンター, 5)国際寄生虫対策アジアセンターマヒドン大学熱帯医学部, 6)国際医療福祉大学基礎医学研究センター, 7)慶應義塾大学医学部熱帯医学寄生虫学教室
    国際保健医療 20(suppl): 83-83, 2005.


    全文ダウンロード(0.67MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • P1-18 口腔保健行動を中心とした学校歯科保健の評価

    矢野裕子1), 深井穫博1), 加藤由記1), 蒲池世史郎1), 中村修一2)
    1)ネパール歯科医療協力会, 2)九州歯科大学国際交流・協力室
    国際保健医療 20(suppl): 84-84, 2005.


    全文ダウンロード(0.62MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • P1-19 東ティモールの農村地域における保健教育促進プロジェクト〜住民に根付く保健教育を目指して その2〜

    本田徹, 名取郁子, 成田清恵, 池田敬, 青木美由紀
    特定非営利活動法人シェア=国際保健協力市民の会
    国際保健医療 20(suppl): 85-85, 2005.


    全文ダウンロード(0.65MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • P1-20 東北ブラジル健康なまちづくりプロジェクトにおける新たな試み

    湯浅資之1), 蝋山はるみ2), 中馬潤子1), Ronice Franco de Sa3), Sheilla Pincovsky4), 仲佐保1), 建野正毅1)
    1)国立国際医療センター国際医療協力局, 2)エス・エル・ティ, 3)ブラジル連邦共和国ペルナンブコ連邦大学公衆衛生社会開発センター, 4)ブラジル連邦共和国ペルナンブコ州企画調査庁
    国際保健医療 20(suppl): 86-86, 2005.


    全文ダウンロード(0.65MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • P1-21 現地スタッフへの健康教育手法に関する研修の評価

    佐々木八千代
    大阪府立大学看護学部
    国際保健医療 20(suppl): 87-87, 2005.


    全文ダウンロード(0.61MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • P1-22 ガーナ・エチオピア・タンザニアにおける糖尿病のケアの状況とその問題点

    森田繰織1), 梅内拓生2)
    1)国際糖尿病支援基金, 2)国際医療福祉大学
    国際保健医療 20(suppl): 88-88, 2005.


    全文ダウンロード(0.59MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • P1-23 チリの地方都市における成人女性の肥満とその食生活に関する研究

    野末みほ1), 三好美紀2), Sanchez Hugo3), Andreu Juan4), 黒岩宙司5)
    1)独立行政法人国立健康・栄養研究所健康・栄養調査研究部, 2)独立行政法人国立健康・栄養研究所国際栄養協力室, 3)Institute of Nutrition and Food Technology, University of Chile, Chile, 4)University of Catolica, Chile, 5)東京大学大学院医学系研究科国際保健計画学教室
    国際保健医療 20(suppl): 89-89, 2005.


    全文ダウンロード(0.70MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • P1-24 Factors of school-age children of malnutrition in Nepal Kathmandu[Machine Translation] (ネパール・カトマンドゥにおける学齢期児童の栄養不良の要因について)

    Joshi Nira1), 三好美紀2), 野末みほ1), 吉池信男1)
    1)独立行政法人国立健康・栄養研究所健康・栄養調査研究部, 2)独立行政法人国立健康・栄養研究所国際栄養協力室
    Journal of International Health 20(suppl): 90-90, 2005.


    全文ダウンロード(0.59MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • P1-25 ラオス農村部における乳幼児の栄養状態と食習慣について

    三好美紀1), Laurent Romagny2)
    1)独立行政法人国立健康・栄養研究所国際栄養協力室, 2)Action Contre la Faim, Vientiane, Lao PDR
    国際保健医療 20(suppl): 91-91, 2005.


    全文ダウンロード(0.59MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • P1-27 地域のFood availabilityと世帯のFood accessibilityとの関連でみた幼児の栄養状態評価―インドM市Cスラム街の事例

    長谷川めぐみ1), 足立己幸2)
    1)女子栄養大学栄養科学研究所, 2)女子栄養大学栄養学部食生態学研究室
    国際保健医療 20(suppl): 93-93, 2005.


    全文ダウンロード(0.64MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • P1-28 A study of seasonal differences in risk factors and hemoglobin level of anemia among pregnant women living in rural Vietnam[Machine Translation] (ベトナム農村に住む妊婦の貧血症のリスクファクターとヘモグロビン値の季節差についての検討)

    相川律子1), 中西由季子2), Khan Nguen Cong3)
    1)女子栄養大学栄養科学研究所, 2)昭和女子大学大学院生活機構研究科, 3)National Institute of Nutrition, Hanoi, Vietnam.
    Journal of International Health 20(suppl): 94-94, 2005.


    全文ダウンロード(0.57MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • P1-29 ネパール・カトマンズ近郊での母子保健活動

    奥野ひろみ1), 安部一紀2), 大野秀夫3), 中村修一4), 深井穫博3)
    1)静岡県立大学看護学部, 2)西南女学院大学, 3)ネパール歯科医療協力会, 4)九州歯科大学
    国際保健医療 20(suppl): 95-95, 2005.


    全文ダウンロード(0.53MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • P1-30 母性保健分野の地域診断〜ボリビアにおける試み

    松井三明1), Frias Mabel2), 秋山稔2)
    1)国立国際医療センター国際医療協力局派遣協力課, 2)国際協力機構ボリビア国サンタクルス県地域保健ネットワーク強化プロジェクト
    国際保健医療 20(suppl): 96-96, 2005.


    全文ダウンロード(0.64MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • P1-31 リプロダクティブヘルスとエイズ対策の統合的推進―子宮内HIV母子感染のリスク因子としての女性の生殖器感染症―

    西山綾子1), CHRISTINE KASEBA-SATA2), FRANCIS KASOLO2), 市山浩二3), 御手洗聡4), 金山尚裕5)
    1)国立国際医療センター研究所, 2)ザンビア大学教育病院, 3)JICHA HIV/TB Control Project, 4)結核予防会結核研究所, 5)浜松医科大学産婦人科
    国際保健医療 20(suppl): 97-97, 2005.


    全文ダウンロード(0.62MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • P1-32 妊産婦ケアと思春期リプロダクティブヘルス分野における効果的アプローチの提言

    和田知代, 秋吉恵
    特定非営利活動法人Health and Development Service(HANDS)
    国際保健医療 20(suppl): 98-98, 2005.


    全文ダウンロード(0.63MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • P1-33 開業助産師技術の途上国への応用の検討―セネガル, パオスコト郡への応用―

    大田えりか1), 松崎政代1), 田中智恵子2), 春名めぐみ1), 村嶋幸代1)
    1)東京大学大学院医学系研究科母性看護・助産学専攻, 2)青年海外協力隊15年度2次隊助産師(セネガル)
    国際保健医療 20(suppl): 99-99, 2005.


    全文ダウンロード(0.61MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • P1-34 Knowledge and practice related to perinatal care based on the evidence in the Republic of Armenia[Machine Translation] (アルメニア共和国における根拠に基づいた周産期ケアに関する知識と実践)

    野口真貴子1), 松田智大1), オナニヤン スザンナ2), 三砂ちづる3), 竹内正人4), 高橋央1), 大宮正範1), チチャヤン ホバネス6), ナリマンヤン ヘンリク7), アブラハミヤン ラズミック8)
    1)国際協力機構, 2)国立保健医療科学院疫学部, 3)アルメニア共和国保健省国立保健研究所地域医療部, 4)津田塾大学学芸学部国際関係学科, 5)日本赤十字社葛飾赤十字産院, 6)ガバール産婦人科病院, 7)ラズダン産婦人科病院, 8)産婦人科周産期委託センター
    Journal of International Health 20(suppl): 100-100, 2005.


    全文ダウンロード(0.63MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • P1-35 ベトナム山岳少数民族地域における母子保健改善に関する一考察

    板東あけみ1), 中村安秀1), 佐藤孝宏2), HOANG THI DUNG3)
    1)大阪大学大学院人間科学研究科ボランティア人間科学講座国際協力論, 2)京都大学大学院農学研究科熱帯農業生態学研究室, 3)Committee for Population Family and Children, Ha Giang Province, Vietnam
    国際保健医療 20(suppl): 101-101, 2005.


    全文ダウンロード(0.67MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • P1-36 カンボジア農村女性の分娩介助者選択要因

    柳澤理子1), ウム ソポル2), 若井晋3)
    1)信州大学医学部保健学科, 2)カンボジア保健省, 3)東京大学医学系研究科
    国際保健医療 20(suppl): 102-102, 2005.


    全文ダウンロード(0.63MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • P1-37 ザンビア/ルサカ郡保健管理チームの体制整備と能力強化支援(第2報)―戦略計画・重点行動計画策定から自律発展へ向けて

    圓山誓信, 五十嵐久美子, 木下真絹子, 藤野康之, 八林明夫
    国際協力事業団ザンビアプライマリ・ヘルス・ケア・プロジェクト
    国際保健医療 20(suppl): 103-103, 2005.


    全文ダウンロード(0.60MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • P1-38 保健情報システムにおけるデータの質に関する研究―フィリピン地域保健医療サービス情報システム(FHSIS)を例として―

    村井真介1), VALERA MADELEINE2), 上原鳴夫1)
    1)東北大学医学部国際保健学分野, 2)フィリピン共和国医療保険公社
    国際保健医療 20(suppl): 104-104, 2005.


    全文ダウンロード(0.63MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • P1-39 公正性を軸とした保健システムの改善に向けて

    三好知明1), 池田憲明1), 堀越洋一1), 小林潤2), 多田祐子1), 實吉佐知子1), 山本佐枝子2), 土井正彦1), 珍田英輝2), 西田美佐2)
    1)国立国際医療センター国際医療協力局派遣協力第二課, 2)国立国際医療センター国際医療協力局派遣協力第一課
    国際保健医療 20(suppl): 105-105, 2005.


    全文ダウンロード(0.66MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • P1-40 新しいアプローチの普及における広域人材育成プロジェクトの有効性について―ACIPACによる学校保健アプローチの普及の経験から―

    小林潤1), Waikagul Jitra2), Pratap Singhasivanon2), Sornchai Looareesuwan2), 岡林広哲1), 小島荘明3), 竹内勤4), 建野正毅1)
    1)国立国際医療センター国際医療協力局, 2)マヒドン大学熱帯医学部国際寄生虫対策アジアセンター, 3)国際医療福祉大学基礎医学研究センター, 4)慶応大学医学部熱帯医学・寄生虫学
    国際保健医療 20(suppl): 106-106, 2005.


    全文ダウンロード(0.65MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • P1-41 HIV/AIDSからみた開発と医療

    城川美佳1), 富田りか2), ナザリオ ブストス3), 成田弘成3)
    1)東邦大学医学部医学科社会医学講座公衆衛生学分野, 2)東邦大学医学部医学科, 3)桜花学園大学人文学部
    国際保健医療 20(suppl): 107-107, 2005.


    全文ダウンロード(0.64MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • P1-42 東アフリカ, タンザニア共和国におけるHIV/AIDSのVCTについて

    児玉知子1), 杉下智彦2), ルーシー ンカヤ3), カール リモ4)
    1)国立保健医療科学院政策科学部, 2)JICAタンザニア・モロゴロ州保健行政強化プロジェクト, 3)ファラジャトラストファンド, 4)タンザニア地方エイズ対策局
    国際保健医療 20(suppl): 108-108, 2005.


    全文ダウンロード(0.59MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • P1-43 アフガニスタン保健医療セクター復興支援における保健医療情報システム構築に対する技術支援活動の意義と課題

    藤崎智子1), 和田知代1), 横山良子2)
    1)特定非営利活動法人Health and Development Service (HANDS), 2)Management Sciences for Health(MSH)
    国際保健医療 20(suppl): 109-109, 2005.


    全文ダウンロード(0.65MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • P1-44 保健医療施設センサス:背景, 意義, 及びその手法

    鈴木葉子1), 穂積大陸2)
    1)特定非営利活動法人Health and Development Service(HANDS), 2)聖マリア病院国際協力部
    国際保健医療 20(suppl): 110-110, 2005.


    全文ダウンロード(0.63MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • P1-45 市町村保健センターの役割と位置づけについて

    村中峯子1), 田沢光正2), 尾島俊之3), 伊藤雅治1)
    1)社団法人全国保健センター連合会, 2)岩手県盛岡地方振興局保健福祉部(盛岡保健所), 3)自治医科大学公衆衛生学
    国際保健医療 20(suppl): 111-111, 2005.


    全文ダウンロード(0.64MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • P1-46 臨床検査分野における国際保健医療協力の方向性に関する研究

    佐藤准子1), 工藤芳子2), 兵井信行3)
    1)(株)CSJ, 2)岡山理科大学, 3)国立保健医療科学院
    国際保健医療 20(suppl): 112-112, 2005.


    全文ダウンロード(0.61MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • P1-47 健康概念とRational Drug Useの検討(1)―ストレス関連疾患について―

    梅原貞臣1), 梅内拓生2)
    1)国債医療福祉大学大学院, 2)国債医療福祉大学大学院
    国際保健医療 20(suppl): 113-113, 2005.


    全文ダウンロード(0.60MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • P1-48 医薬品価格調査の「ものさし」

    五十嵐中, 福田敬, 津谷喜一郎
    東京大学大学院薬学系研究科医薬経済学
    国際保健医療 20(suppl): 114-114, 2005.


    全文ダウンロード(0.59MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • P1-49 健康概念とRational Drug Useの検討―生活習慣病について―

    高他武始, 梅内拓生
    国際医療福祉大学
    国際保健医療 20(suppl): 115-115, 2005.


    全文ダウンロード(0.62MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • P1-50 被災地医療におけるプライマリケアニーズ

    高山義浩
    佐久総合病院総合診療科
    国際保健医療 20(suppl): 116-116, 2005.


    全文ダウンロード(0.60MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • P1-51 The significance of the hospital ship in disaster emergency medical assistance in the Asia Pacific Ocean region[Machine Translation] (アジア太平洋地域の災害緊急医療援助における病院船の意義)

    朝日茂樹, 木村昭夫, 佐藤守仁, 粕谷周吾, 岡田見布江, 井上雅人
    国立国際医療センター救急部
    Journal of International Health 20(suppl): 117-117, 2005.


    全文ダウンロード(0.56MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • P1-52 災害緊急援助におけるRS(リモートセンシング)およびGIS(地理情報システム)の活用について―スマトラ沖地震によるスリランカにおける津波被害の評価

    山本秀樹1), 鹿嶋小緒里1), 谷村晋3), 中田敬司5), 坂野晶司6)
    1)岡山大学大学院環境学研究科国際保健学分野, 2)岡山大学大学院医歯薬学総合研究科公衆衛生学分野, 3)長崎大学熱帯医学研究所社会環境分野, 4)岡山大学医学部保健学科, 5)東亜大学医療工学部, 6)足立区保健所東和保健総合センター
    国際保健医療 20(suppl): 118-118, 2005.


    全文ダウンロード(0.68MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • P1-53 新潟県中越地震における保健活動(1):概要

    武笠亜企子1), 中久木康一2), 冨田茂3), 仁科晴弘3), 松井三明3), 大脇甲哉1), 山下真実子4), 本田徹3)
    1)(特活)シェア=国際保健協力市民の会・訪問看護ステーションコスモス・新宿連絡会医療班, 2)(特活)シェア=国際保健協力市民の会・新宿連絡会医療班, 3)(特活)シェア=国際保健協力市民の会, 4)訪問看護ステーションコスモス
    国際保健医療 20(suppl): 119-119, 2005.


    全文ダウンロード(0.67MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • P1-54 新潟県中越地震における保健活動(2):実際

    貴堂理恵1), 武笠亜企子1), 平野智子1), 清水範子2), 山口綾子2), 大脇甲哉2), 山下真実子1), 本田徹2)
    1)訪問看護ステーションコスモス, 2)(特活)シェア=国際保健協力市民の会
    国際保健医療 20(suppl): 120-120, 2005.


    全文ダウンロード(0.65MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • P1-55 スマトラ島沖地震・潮皮緊急救援活動―インドネシア・スリランカ・インドへの保健医療支援―

    近藤麻理1), 成澤貴子2), 諏原日出夫2), 奥谷充代2), 菅波茂2)
    1)岡山大学医学部保健学科, 2)非特定営利法人AMDA
    国際保健医療 20(suppl): 121-121, 2005.


    全文ダウンロード(0.62MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • P1-56 スマトラ島沖地震津波後の感染症流行リスクに対する大学・研究機関の貢献

    國井修, 錦織信幸, 阿部朋子, 国金さつき, 門司和彦, 嶋田雅暁
    長崎大学熱帯医学研究所
    国際保健医療 20(suppl): 122-122, 2005.


    全文ダウンロード(0.62MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • P1-57 インドネシア・アチェ州の地震・津波災害避難地に適した浄水法について

    木下真里1), 西川正2), 永井真理1), 吉崎基弥1), 川口レオ1), 岡本美代子1), 宇井志緒利1), 青山温子1)
    1)名古屋大学大学院医学系研究科国際保健医療学教室, 2)特定非営利活動法人ピースウィンズ・ジャパン
    国際保健医療 20(suppl): 123-123, 2005.


    全文ダウンロード(0.67MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • P1-58 スーダン難民救援における活動報告

    吉田千有紀
    日本赤十字社和歌山医療センター国際医療救援部
    国際保健医療 20(suppl): 124-124, 2005.


    全文ダウンロード(0.58MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • P1-59 アフガニスタンの復興を医療と教育で支援するNGO「カレーズの会」の活動報告3―地域密着型協力の意義―

    レシャード カレッド, 前里和夫, 小野田全宏
    NGO「カレーズの会」
    国際保健医療 20(suppl): 125-125, 2005.


    全文ダウンロード(0.65MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • P2-1 1999年から2003年のベトナムのデング熱の地域集積性―FleXScan法を用いた検討―

    谷村晋1), Mai Quyuh Le2), Troung Uyen Nin2), 中谷友樹3), 黒岩宙司4), 溝田勉1)
    1)長崎大学熱帯医学研究所社会環境分野, 2)Dept. of Virology, National Institute of Hygiene and Epidemiology, Hanoi, Vietnam, 3)立命館大学地理学科, 4)東京大学大学院医学系研究科国際保健計画学教室
    国際保健医療 20(suppl): 126-126, 2005.


    全文ダウンロード(0.66MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • P2-2 Epidemiological studies of childhood diarrhea virus in China and Vietnam[Machine Translation] (ベトナムと中国における小児下痢症ウイルスの疫学研究)

    顔海念, NGUYEN Anh Tuan, 沖津祥子, 柳生文宏, 牛島廣治
    東京大学大学院医学系研究科発達医科学教室
    Journal of International Health 20(suppl): 127-127, 2005.


    全文ダウンロード(0.55MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • P2-3 奄美大島における糞線虫症の保健学的研究

    溝口典子, 猪八重亜妃, 倉園友江, 水上惟文
    鹿児島大学医学部保健学科地域看護・看護情報学講座
    国際保健医療 20(suppl): 128-128, 2005.


    全文ダウンロード(0.62MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • P2-4 Need assessment for income generation training of youths in leprosy families in Mayanchaung village, Hlegu Township, Yangon Division, Union of Myanmar

    石田裕1), 藤田実香2), San Shwe3), Le Le Win3), Kyaw Myint4)
    1)国際医療センター国際医療協力局, 2)国立国際医療センター病院部, 3)Department of Medical Research, Ministry of Health, Myanmar, 4)Department of Health, Ministry of Health, Myanmar
    Journal of International Health 20(suppl): 129-129, 2005.


    全文ダウンロード(0.56MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • P2-5 ミャンマーにおける住民参加型マラリア対策の実施

    中村正聡1), 白川千尋2), 島田靖3), 林真砂美4), 恩田智子5), Nor Tin6), Saw Liwn7)
    1)JICA専門家主要感染症対策プロジェクトミャンマー, 2)新潟大, 3)日本医大, 4)日本福祉大, 5)JICA短期専門家, 6)Oakpho Township Medical Office, 7)Vector Borne Disease Control, DOH
    国際保健医療 20(suppl): 130-130, 2005.


    全文ダウンロード(0.64MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • P2-6 ラオス国・カムアン県, マラリア蔓延地域における熱帯熱マラリアActive Case Detection Survey

    白山芳久1), PHOMPIDA Samlane2), 三好美紀1), 黒岩宙司1)
    1)東京大学大学院医学系研究科国際保健計画学教室, 2)Center of Malariology, Parasitology and Entomology, Ministry of Health, Lao PDR
    国際保健医療 20(suppl): 131-131, 2005.


    全文ダウンロード(0.62MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • P2-7 韓国における外国人医療

    佐々木立朗1), Kang Yong-Joon2)
    1)国立国際医療センター麻酔科, 2)Dept of Family Medicine, Severance Yonsei Univ Hospital
    国際保健医療 20(suppl): 132-132, 2005.


    全文ダウンロード(0.38MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • P2-8 大使館と協動した在日外国人への歯科相談

    中久木康一1), 浅野和久2), 牧口哲英3)
    1)(特活)シェア=国際保健協力市民の会, 2)浅野歯科医院, 3)Cabinet LAPINOU
    国際保健医療 20(suppl): 133-133, 2005.


    全文ダウンロード(0.65MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • P2-9 在日外国人母親について母国食と日本食の比較からみた食生活の現状と背景―首都圏日本語教室生の事例―

    アミール喜代子1), 足立己幸2)
    1)日本外国語専門学校国際ボランティア科, 2)女子栄養大学大学院栄養学研究科食生態学研究室
    国際保健医療 20(suppl): 134-134, 2005.


    全文ダウンロード(0.57MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • P2-10 在日外国人健康相談会受診者における整形外科関連症状

    冨田茂1), 大脇甲哉1), 沢田貴志1), 嶋根卓也1), 松井三明1), 早川寛2), 本田徹1)
    1)シェア=国際保健協力市民の会, 2)港町診療所
    国際保健医療 20(suppl): 135-135, 2005.


    全文ダウンロード(0.65MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • P2-11 2003年度・2004年度長野県外国人健診受診者の健康状態と生活習慣

    田代麻里江1), 畔柳良江1), 内坂由美子2), 松村隆2)
    1)長野県看護大学, 2)北信外国人医療ネットワーク
    国際保健医療 20(suppl): 136-136, 2005.


    全文ダウンロード(0.63MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • P2-12 日本の医療現場における外国人看護師のコミュニケーション力の実態と課題

    王麗華
    国際医療福祉大学大学院
    国際保健医療 20(suppl): 137-137, 2005.


    全文ダウンロード(0.57MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • P2-13 医療通訳者の役割に関する研究―米国・サンタバーバラコテージ病院の事例より

    内山明美, 中村安秀
    大阪大学大学院人間科学研究科
    国際保健医療 20(suppl): 138-138, 2005.


    全文ダウンロード(0.61MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • P2-14 山形県における医療通訳活動の現状と課題〜医療通訳者への質問票調査から〜

    土屋菜歩1), 西上紀江子2), 秋武邦佳2), 深尾彰1)
    1)山形大学大学院医学系研究科公衆衛生学講座, 2)特定非営利活動法人国際ボランティアセンター山形
    国際保健医療 20(suppl): 139-139, 2005.


    全文ダウンロード(0.67MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • P2-15 千葉における在日外国人健康相談会の概要と今後の展開

    山口綾子1), 中久木康一1), 沢田貴志1), 平賀哲2)
    1)(特活)シェア=国際保健協力市民の会, 2)カトリック東京国際センター千葉事務所(CTICちば)
    国際保健医療 20(suppl): 140-140, 2005.


    全文ダウンロード(0.64MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • P2-16 トレーニング情報システムの構築〜ラオス国キッズスマイルプロジェクトの取り組み〜

    加藤紀子1), 阿部亜矢子2)
    1)国立国際医療センター国際医療協力局派遣協力課, 2)アイ・シー・ネット(株)コンサルティング部プランニンググループ
    国際保健医療 20(suppl): 141-141, 2005.


    全文ダウンロード(0.58MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • P2-17 カンボジア母子保健プロジェクトにおける国立母子保健センター研修部門の組織開発

    橋本麻由美1), 小澤三枝子2), 堀越洋一1), 仲佐保1)
    1)国立国際医療センター国際医療協力局派遣協力課, 2)国立看護大学校
    国際保健医療 20(suppl): 142-142, 2005.


    全文ダウンロード(0.61MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • P2-18 パキスタン国におけるLHW(Lady Health Worker)プログラムの改善の取り組み

    浦部大策
    聖マリア病院国際協力部
    国際保健医療 20(suppl): 143-143, 2005.


    全文ダウンロード(0.60MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • P2-19 タンザニアの地方保健行政におけるオペレーショナル・リサーチと地域保健活動

    福士恵里香1), 杉下智彦1), Massi M.M.Z.2)
    1)JICAタンザニア・モロゴロ州保健行政強化プロジェクト, 2)モロゴロ州保健行政医務官
    国際保健医療 20(suppl): 144-144, 2005.


    全文ダウンロード(0.63MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • P2-20 タンザニアにおける地方保健行政マネージメントのキャパシティ・デベロップメント

    杉下智彦
    JICAタンザニア・モロゴロ州保健行政強化プロジェクト
    国際保健医療 20(suppl): 145-145, 2005.


    全文ダウンロード(0.60MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • P2-21 保健分野の人材流出について見過ごされがちな視点

    明石秀親1), 三砂ちづる2), 藤田則子1), 佐藤真理3), 藤田直子4), 仲佐保1)
    1)国立国際医療センター国際医療協力局派遣協力課, 2)津田塾大学国際関係学科, 3)アフガニスタン・リプロダクティブヘルス・プロジェクト, 4)HANDS
    国際保健医療 20(suppl): 146-146, 2005.


    全文ダウンロード(0.62MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • P2-22 セネガル共和国保健人材開発促進プロジェクトの現状と課題―ヘルスポスト長の資格・能力・活動の向上を目指して―

    清水真由美1), 椎名千佳子2), 酒井雅義2), 松尾早苗3), 田村豊光3), 清水利恭4)
    1)JICAセネガル共和国保健人材開発促進プロジェクト/国立国際医療センター国際医療協力局, 2)セネガル共和国保健人材開発促進プロジェクト, 3)セネガル共和国保健人材開発促進プロジェクト, 4)国立国際医療センター国際医療協力局
    国際保健医療 20(suppl): 147-147, 2005.


    全文ダウンロード(0.65MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • P2-23 開発途上国における保健医療人材育成のための効果的なトレーニングプログラム開発への取り組み

    櫻井幸枝1), 木村弘江2), 二階堂紀子2), 小西香子1), 山本佐枝子1), 橋本麻由美1), 相川典子1), 堀越洋一1), 本田五月1), 大野夏代3)
    1)国立国際医療センター国際医療協力局派遣協力課, 2)国立国際医療センター看護部, 3)埼玉県立大学保健医療福祉学部
    国際保健医療 20(suppl): 148-148, 2005.


    全文ダウンロード(0.65MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • P2-24 カンボジア母子保健プロジェクトを通じてカウンターパートはどう変わったのか―プロジェクト関係者の質的調査より

    藤田則子1), 橋本麻由美1), 明石秀親1), 佐藤真理2), 藤田直子2), 西田美佐1), 三砂ちづる3)
    1)国立国際医療センター国際医療協力局派遣協力課, 2)国際協力機構, 3)津田塾大学
    国際保健医療 20(suppl): 149-149, 2005.


    全文ダウンロード(0.63MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • P2-25 カウンターパート研修の方法の検討―ネパール国保健省栄養専門家の事例―

    石川みどり1), 足立己幸2)
    1)市立名寄短期大学生活科学科, 2)女子栄養大学栄養学部
    国際保健医療 20(suppl): 150-150, 2005.


    全文ダウンロード(0.62MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • P2-26 For satisfaction rating of East Timor clinical nurse training participant[Machine Translation] (東ティモールクリニカルナーストレーニング参加者の満足度について)

    樋口倫代
    Public Health & Policy, London School of Hygiene & Tropical Medicine
    Journal of International Health 20(suppl): 151-151, 2005.


    全文ダウンロード(0.57MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • P2-27 患者のための医療を目指す縦糸と横糸の活動〜ベトナム国における看護のアプローチを振り返って〜

    實吉佐知子1), 加藤紀子1), 本田五月2)
    1)国立国際医療センター国際医療協力局派遣協力課, 2)バックマイ病院機能向上プロジェクト看護管理専門家
    国際保健医療 20(suppl): 152-152, 2005.


    全文ダウンロード(0.66MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • P2-28 フィジー国中部地方における地域保健看護師現任教育の現状分析

    山田幸子
    独立行政法人国際協力機構フィジー国地域保健看護師現任教育プロジェクト
    国際保健医療 20(suppl): 153-153, 2005.


    全文ダウンロード(0.61MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • P2-29 中国の大学病院での臨床実習の経験

    安藤真矢1), 伊坂陽1), 松葉剛2), 稲葉裕2)
    1)順天堂大学医学部医学科6年, 2)順天堂大学医学部衛生学講座
    国際保健医療 20(suppl): 154-154, 2005.


    全文ダウンロード(0.62MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • P2-30 青年海外協力隊活動の持続性について―ホンジュラスの経験から

    虎頭恭子1), 西野紀子2), 仲佐保3)
    1)人天会鹿児島こども病院, 2)青年海外協力隊平成13年度1次隊, 3)国立国際医療センター
    国際保健医療 20(suppl): 155-155, 2005.


    全文ダウンロード(0.62MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • P2-31 サモアにおける海外看護実習を通して学生が学んだ異文化看護

    小澤杏奈1), 結城美穂2), 藤岡好美1), 田代麻里江3)
    1)中信勤労者医療協会松本協立病院, 2)国家公務員共済組合連合会虎の門病院, 3)長野県看護大学
    国際保健医療 20(suppl): 156-156, 2005.


    全文ダウンロード(0.65MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • P2-32 高度医療専門職養成プロジェクトにおける臨床工学技士の役割

    江成美絵, 北野達也
    社会保険久留米第一病院臨床工学部
    国際保健医療 20(suppl): 157-157, 2005.


    全文ダウンロード(0.62MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • P2-33 国立ジトーミル技術工科大学における高度医療専門職養成プロジェクト〜日本の臨床工学技士を世界のCET(Clinical Engineering Technologist)に!〜

    北野達也
    社会保険久留米第一病院臨床工学部
    国際保健医療 20(suppl): 158-158, 2005.


    全文ダウンロード(0.56MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • P2-34 歯科保健状況と社会経済的要因の関連性についてのcross-national解析

    三浦宏子
    九州保健福祉大学保健科学部言語聴覚療法学科
    国際保健医療 20(suppl): 159-159, 2005.


    全文ダウンロード(0.63MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • P2-35 途上国における歯科診療システムの変遷

    坪田真, 小川孝雄, 徳永一充, 中村修一
    ネパール歯科医療協力会
    国際保健医療 20(suppl): 160-160, 2005.


    全文ダウンロード(0.63MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • P2-36 東ティモールにおける歯科医療の復興

    深川周, 宮田隆, 沼口麗子
    歯科医学教育国際支援機構
    国際保健医療 20(suppl): 161-161, 2005.


    全文ダウンロード(0.59MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • P2-37 地域歯科保健開発における口腔保健専門家の養成―12才児の歯科検診トレーニング―

    駒井伸也1), 蒲池世史郎2), 藤田幸一2), 鶴屋誠人2), 深井穫博2), 中村修一3)
    1)東北大学歯学部総合歯科診療部, 2)ネパール歯科医療協力会, 3)九州歯科大学国際交流協力室
    国際保健医療 20(suppl): 162-162, 2005.


    全文ダウンロード(0.64MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • P2-38 派遣前のパノラマ写真撮影が有用と思われたブルキナファソ派遣青年海外協力隊隊員の歯科治療

    原田祥二1), 青嶌利優1), 森龍子1), 井上康子1), 滝波修一2), 鄭漢忠3), 筒井末春1)
    1)独立行政法人国際協力機構国際協力人材部健康管理センター, 2)北海道大学大学院歯学研究科口腔病態学講座歯科放射線学教室, 3)北海道大学大学院歯学研究科口腔病態学講座口腔顎顔面外科学教室
    国際保健医療 20(suppl): 163-163, 2005.


    全文ダウンロード(0.70MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • P2-39 カンボジア村落地域における歯周炎レベルと心疾患の相関について

    宮田隆, 沼口麗子
    歯科医学教育国際支援機構
    国際保健医療 20(suppl): 164-164, 2005.


    全文ダウンロード(0.59MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • P2-40 カンボジアの小学生の口腔保健と学校生活に関する研究

    越渡詠美子1), シム ソンポー2), 白山芳久1), 黒岩宙司1)
    1)東京大学大学院医学系研究科国際保健学専攻国際保健計画学教室, 2)地球の保健室
    国際保健医療 20(suppl): 165-165, 2005.


    全文ダウンロード(0.61MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • P2-41 ベトナム社会主義共和国・ベンチェ省における口唇口蓋裂患者の初回手術時年齢の推移

    上谷美幸1),2),3), 神馬征峰2),, 新美照幸1),3), 夏目長門1),3),4), 香月武5), Hoang Viet6), 若井晋2)
    1)特定非営利活動法人日本口唇口蓋裂協会, 2)東京大学大学院医学系研究科国際地域保健学講座, 3)愛知学院大学付属病院口唇口蓋裂センター, 4)愛知学院大学口腔先端科学研究所, 5)佐賀大学, 6)Nguyen Dinh Chieu Hospital, Ben Tre, Vietnam
    国際保健医療 20(suppl): 166-166, 2005.


    全文ダウンロード(0.68MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • P2-42 地域国際保健活動の国情類型化に関する研究

    松田正己1), 奥野ひろみ1), 鈴木千智2)
    1)静岡県立大学看護学部, 2)日本赤十字豊田看護大学
    国際保健医療 20(suppl): 167-167, 2005.


    全文ダウンロード(0.63MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • P2-43 プライマリヘルスケアと持続可能な開発の理念ならびに政策論的検討(1)――基本理念ならびに基本政策の分析――

    泉田晃彦, 梅内拓生
    国際医療福祉大学
    国際保健医療 20(suppl): 168-168, 2005.


    全文ダウンロード(0.55MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • P2-44 ボリビア・サンタクルス県地域保健ネットワーク強化プロジェクトを通しての地域保健強化への取り組み

    秋山稔1), 明石秀親1), 山本佐枝子1), 田中由紀枝1), 磯東一郎2), 丸山昌明3), 仲佐保1)
    1)国立国際医療センター国際医療協力局派遣協力課, 2)聖マリア病院, 3)アトラスヒューマンサイエンス
    国際保健医療 20(suppl): 169-169, 2005.


    全文ダウンロード(0.65MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • P2-45 ボリビア・サンタクルス県地域保健ネットワーク強化プロジェクトにおける経験 コミュニティ参加手法の導入とその行政による支援方策の検討

    山本佐枝子1), 西田美佐1), 長坂典子2), エレラ ミゲル3), 秋山稔1)
    1)国立国際医療センター国際医療協力局派遣協力課, 2)前恩賜財団母子愛育会, 3)サンタクルス県県保健局プロモーション課
    国際保健医療 20(suppl): 170-170, 2005.


    全文ダウンロード(0.64MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • P2-46 ボリビア国サンタクルス県での第一次医療施設スタッフと同施設を利用する妊婦の医療サービスに関する意識調査結果の考察

    小西香子1), 田中由紀枝2), Frias Mabel2), 松井三明1), 秋山稔2)
    1)国立国際医療センター国際医療協力局派遣協力課, 2)国際協力機構ボリビア国サンタクルス県地域保健ネットワーク強化プロジェクト
    国際保健医療 20(suppl): 171-171, 2005.


    全文ダウンロード(0.66MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • P2-47 ミャンマー国北シャン州コーカン特別第一地区ラオカイ市におけるラオカイ病院利用状況に関する研究

    岡安利治1), 吉田直子1), 劔陽子2)
    1)アムダミャンマー, 2)産業医科大学医学部公衆衛生学
    国際保健医療 20(suppl): 172-172, 2005.


    全文ダウンロード(0.59MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • P2-48 ラオス国ヴィエンチャン県における郡保健局・郡病院サービス強化のためのMinimum Requirementsの導入後の活動

    曽根和枝1), スパタイ ソパスー2), 池田絹代1), 鈴木ケイ1), 杉浦康夫3), 岩本あづさ3)
    1)ラオス国JICA子どものための保健サービス強化プロジェクト, 2)ラオス国ビエンチャン県保健局, 3)国立国際医療センター国際医療協力局
    国際保健医療 20(suppl): 173-173, 2005.


    全文ダウンロード(0.65MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • P2-49 安全な水と環境衛生改善による下痢症予防活動の試み―PHAST手法による住民の衛生行動変容への働きかけ―

    佐々木諭1), 五十嵐久美子1), 木下真絹子4), 梅内拓生2), 鈴木宏3), 菅波茂4)
    1)JICAザンビア国ルサカ市プライマリヘルスケアプロジェクト, 2)国際医療福祉大学, 3)新潟大学医学部公衆衛生学教室, 4)特定非営利活動法人アムダ
    国際保健医療 20(suppl): 174-174, 2005.


    全文ダウンロード(0.67MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • P2-50 コレラのnon-endemic地域における包括的コレラ予防・制御対策システムの構築とその効果

    Sinkala Moses1), 佐々木諭2), 五十嵐久美子2), 梅内拓生3), 鈴木宏4), 菅波茂5), 木下真絹子5)
    1)Lusaka District Health Management Board, Ministry of Health, Lusaka, Zambia, 2)JICAザンビア国ルサカ市プライマリヘルスケアプロジェクト, 3)国際医療福祉大学, 4)新潟大学医学部公衆衛生学教室, 5)特定非営利活動法人アムダ
    国際保健医療 20(suppl): 175-175, 2005.


    全文ダウンロード(0.65MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • P2-51 セネガル農村部における, 基礎保健員の継続的活動を支える住民側の要因

    岩佐真也
    兵庫県立大学看護学部広域健康看護講座地域看護学
    国際保健医療 20(suppl): 176-176, 2005.


    全文ダウンロード(0.61MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • P2-52 セネガル共和国における地域保健員養成システム強化〜地域住民・行政が支える継続性のある地域保健員の活動を目指して〜

    椎名千佳子1), バッチリ ンデイアミ2), ファル アブバカリ2), 林玲子3), 清水真由美1)
    1)JICAセネガル共和国保健人材開発促進プロジェクト, 2)セネガル共和国保健医学予防省, 3)(株)リンツ
    国際保健医療 20(suppl): 177-177, 2005.


    全文ダウンロード(0.61MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • P2-53 コミュニティレベルの障害者支援活動にみる「障害者-地域住民の認識ギャップ」:東北タイの事例から

    中西量子1), 草郷孝好2)
    1)留萌市幼児療育通園センター, 2)大阪大学大学院人間科学研究科
    国際保健医療 20(suppl): 178-178, 2005.


    全文ダウンロード(0.62MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • P2-54 シェア3力国経験交流フォーラムの実施考察:現地スタッフのキャパシティビルディング

    山口誠史, 植木光, 成田清恵, 李祥仁, 上田美紀, 本田徹, 森本由布子
    特定非営利活動法人シェア 国際保健協力市民の会
    国際保健医療 20(suppl): 179-179, 2005.


    全文ダウンロード(0.64MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • P2-55 Detection of counterfeit drugs by source origin investigation: Pilot study of the Ivory Coast on the streets selling[Machine Translation] (出所起源調査によるカウンターフェイトドラッグの検出 - コートジボワールの路上販売のパイロットスタディー)

    LEGRIS CANDICE1), AKA EBOUKELE1), 松下良1), 植木俊行1), 奥村順子1), 谷本剛2), 木村和子1)
    1)金沢大学大学院自然科学研究科, 2)同志社女子大学薬学部医療薬学科
    Journal of International Health 20(suppl): 180-180, 2005.


    全文ダウンロード(0.55MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • P2-56 To estimate the prevalence of hypertension and the status of awareness of hypertension risk factors in the rural adult population of Anhui Province, China.[Machine Translation] (中国安徽省農村部成人における高血圧の有病率と危険因子に対する理解に関する調査)

    兵井伸行1), WU JIABING2)
    1)国立保健医療科学院人材育成部, 2)Anhui CDC, Anhui Province, China
    Journal of International Health 20(suppl): 181-181, 2005.


    全文ダウンロード(0.54MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • P2-57 途上国の小児保健医療改善策―GMP+による「養育者の行動変容」促進活動とその効果―

    五十嵐久美子1), 佐々木諭2), 梅内拓生3), 鈴木宏4), 菅波茂5)
    1)JICA-ザンビア国ルサカ市プリマリーヘルスケアプロジェクト, 2)岡山大学医歯薬学総合研究科公衆衛生学教室, 3)国際医療福祉大学, 4)新潟大学医歯薬学総合研究科公衆衛生学教室, 5)AMDA
    国際保健医療 20(suppl): 182-182, 2005.


    全文ダウンロード(0.66MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • P2-58 ニカラグア農村部で活動する伝統的産婆の地域保健における役割

    新井忍, 森淑江
    群馬大学医学部保健学科
    国際保健医療 20(suppl): 183-183, 2005.


    全文ダウンロード(0.64MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • P2-59 お産はもっと待てるのか?―WHOパルトグラムと日本の助産所の事例から―

    笹川恵美1), 三砂ちづる2)
    1)財団法人日本国際協力システム, 2)津田塾大学国際関係学科
    国際保健医療 20(suppl): 184-184, 2005.


    全文ダウンロード(0.63MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • P2-60 Sexual educationに関する理念と文化の国際比較

    高田恵子1), 梅内拓生2)
    1)埼玉県立大学, 2)国際医療福祉大学大学院
    国際保健医療 20(suppl): 185-185, 2005.


    全文ダウンロード(0.62MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • P2-61 ラオス・ヴィエンチャン市での産後家庭訪問における母子の健康問題分析

    佐山理絵1), 丹野かほる2)
    1)新潟大学大学院保健学研究科, 2)新潟大学医学部保健学科
    国際保健医療 20(suppl): 186-186, 2005.


    全文ダウンロード(0.63MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • P2-62 The analysis of lead exposure factors before birth in Kunming, Yunnan, China[Machine Translation] (中国雲南省昆明市における出生前鉛曝露因子についての分析)

    川田紀美子1), 李燕2), 牛島廣治1)
    1)東京大学大学院医学系研究科国際保険学専攻発達医科学教室, 2)中国雲南省婦幼保健院
    Journal of International Health 20(suppl): 187-187, 2005.


    全文ダウンロード(0.57MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • P2-63 The impact of child malnourished on child development status in Khmu ethnic children, Lao PDR

    Phengxay Manilay1), 牛島廣治1), Phengxay Soulivanh2)
    1)東京大学大学院医学系研究科発達医科学教室, 2)東京大学大学院医学系研究科国際保健計画学
    Journal of International Health 20(suppl): 188-188, 2005.


    全文ダウンロード(0.48MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • P2-64 ラオス国における予防接種率低下の原因解明に関する研究―第一報 都市部におけるKnowledge Attitude Practice調査―

    高橋謙造1), 前川正治2), 崎坂香屋子2), 丸井英二1), 黒岩宙司2)
    1)順天堂大学医学部公衆衛生学教室, 2)東京大学大学院医学系研究か国際保健計画学教室
    国際保健医療 20(suppl): 189-189, 2005.


    全文ダウンロード(0.63MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • P2-65 ラオス都市部のClinical IMCIが導入された医療施設における母乳育児に関する意識調査

    岩本あづさ1), 藤井志朋2), 高橋謙造3), 山内芳忠2), 曽根和枝4)
    1)国立国際医療センター国際医療協力局派遣協力第二課, 2)独立行政法人国立病院機構岡山医療センター新生児科, 3)順天堂大学医学部公衆衛生学教室, 4)JICAラオス国子どものための保健サービス強化プロジェクト(KIDSMILEプロジェクト)
    国際保健医療 20(suppl): 190-190, 2005.


    全文ダウンロード(0.67MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • P2-66 国立国際医療センターにおける「継続ケア」の定義について

    杉浦康夫, 明石秀親, 松井三明, 野田信一郎, 露木佳子, 加藤紀子, 橋本麻由美, 後藤美穂, 小原ひろみ, 小山内泰代
    国立国際医療センター国際医療協力局派遣協力課
    国際保健医療 20(suppl): 191-191, 2005.


    全文ダウンロード(0.61MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • P2-67 ホンジュラスにおけるカウンセリングトレーニングが保健センター准看護師の日常業務に及ぼした影響

    土井正彦, 野田信一郎
    国立国際医療センター国際医療協力局派遣協力第2課
    国際保健医療 20(suppl): 192-192, 2005.


    全文ダウンロード(0.58MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • P2-68 インドネシア母子健康手帳プログラムに関する学際的調査

    高橋真央1), 天沼直子2), 中村安秀2), 草郷孝好2), 仲佐保3), 倉沢愛子4), 池田光穂5)
    1)お茶の水女子大学開発途上国女子教育協力センター, 2)大阪大学大学院人間科学研究科, 3)国立国際医療センター, 4)慶応大学経済学部, 5)大阪大学コミュニケーションデザインセンター
    国際保健医療 20(suppl): 193-193, 2005.


    全文ダウンロード(0.64MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • P2-69 The national strategy for the current situation and the high maternal mortality of maternal and child health in Afghanistan[Machine Translation] (アフガニスタンの母子保健の現状と高妊産婦死亡に対する国家戦略)

    Wrishmeen Sabawoon, Sato Hajime, Kobayashi Yasuki
    Dept of Public Health, Graduate School of Medicine, the University of Tokyo
    Journal of International Health 20(suppl): 194-194, 2005.


    全文ダウンロード(0.57MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • P2-70 スリランカにおける経済的・社会的格差と健康の不平等 母子保健の潜在能力アプローチ

    磯邉厚子
    立命館大学先端総合学術研究科
    国際保健医療 20(suppl): 195-195, 2005.


    全文ダウンロード(0.57MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

  • P2-71 カンボジア国立母子センターにおいて, 診療費免除制は, 重症産科症例の経済的負担を軽減しているか?

    小原ひろみ1), Saing Sona2), Te Kuy Chiv2), 垣本和宏1), 藤田則子1), 松井三明1), 明石秀親1), Koum Kanal2), 仲佐保1), 建野正毅1)
    1)国立国際医療センター国際医療協力局派遣協力課, 2)カンボジア国立母子保健センター
    国際保健医療 20(suppl): 196-196, 2005.


    全文ダウンロード(0.67MB)】 従量制、基本料金制の方共に121円(税込) です。

book
発行元:
日本国際保健医療学会
ISSN:
0917-6543
ISSN(オンライン):
旧名・別名:
日本国際保健医療学会雑誌 The Journal of Japan Association for International Health

書籍情報から探す(巻または号が必須)

巻:
号:
開始頁:
Medical Online English Site